設定から5年足らずで4倍超の「グローバルAIファンド」、ポートフォリオのEPS成長率20%超を堅持で更なる基準価額の水準へ

三井住友DSアセットマネジメントが運用する「グローバルAIファンド」の税引前分配金再投資基準価額が6月30日に4万124円となり、設定から約4年9カ月のトータルリターンが300%台に乗せた。この水準の成長が続けば、さらに数年で税引前分配金再投資基準価額8万円や10万円という水準も期待できる。(グラフは、2016年9月から21年5月までの「グローバルAIファンド」のポートフォリオのEPSが年率29.4%の成長率が今後も継続すると考えた場合のEPSのトレンドラインとファンドの基準価額の推移)

 三井住友DSアセットマネジメントが運用する「グローバルAIファンド」の税引前分配金再投資基準価額が6月30日に4万124円となり、設定から約4年9カ月のトータルリターンが300%台に乗せた。この水準の成長が続けば、さらに数年で税引前分配金再投資基準価額8万円や10万円という水準も期待できる。現存するファンドの中で、設定来のトータルリターンが13年6カ月で2150%が最大(21年5月末現在)のファンドだが、「グローバルAIファンド」も長期トレンドとして設定来トータルリターンが1000%を超える可能性が見えてきたようだ。三井住友DSアセットマネジメントの田村一誠氏、そして、実質的な運用を担っているアリアンツ・グローバル・インベスターズ・ジャパンの滝沢圭氏に今後の展望を聞いた。

 ――今の相場状況をどう見ていますか? FRBの対応(テーパリング=量的金融緩和の縮小、利上げ等)から、今テクノロジー株式を買うのは得策ではないという見方もありますが?

滝沢 運用チームとしては、FRBがインフレの高騰を放置せずに、テーパリングや利上げに向けた動きを見せ始めたことについて、前向きに捉えています。インフレ高騰への懸念が落ち着き、FRBが適切に対処することで、長期金利が急騰するリスクは低減されると見ています。

 過去においても、長期金利が急騰した局面では一時的にテクノロジー関連銘柄が調整したこともありました。しかし、過去のFRBのテーパリングや利上げ局面、もしくは、長期金利の緩やかな上昇局面では、テクノロジー関連株は堅調な推移を継続しており、他のセクターをアウトパフォームしている局面も多くありました。また、今年に入ってからの金利上昇によって高成長銘柄の株価が一時調整した一方で、非常に高い業績拡大は続いており、いくつかの銘柄ではバリュエーションも下がってきました。このため、テーパリングを警戒して株価が下げるような場面があれば、相場環境、バリュエーション的にも、むしろ良い買い時になるのではないかと考えています。

 ――ファンドは設定から5年足らずで基準価額(分配金込み)が4倍に値上がりし、さすがに、このスピードで今後も上昇することは難しいのではないかという見方をする人も少なくないと思います。現在の基準価額の水準についてどう考えますか?

滝沢 各年末のトップ10銘柄の変遷を見ると、同じ銘柄をずっと持ち続けているわけではなく、その時々で魅力的な銘柄に入れ替えているのがわかります。株式市場の変動幅が大きく、様々な要因で株価が動く中で、各銘柄のウェイトをアクティブにコントロールすること、そして、常に新規で魅力的な銘柄発掘を行うことが重要になってきています。

 一方で、直近もトップ10に入っているテスラやロク、スクエア、スナップなど中長期で高い成長が期待出来る銘柄は、機動的にウェイトを調整しながらも、コア銘柄として長期で保有を継続しています。このように、長期でAI(人工知能)産業の大きな成長を捉えることを目指しながら、その時々にスポットライトがあたる旬な銘柄にもしっかり投資している柔軟な態度が、ファンドの継続的に高いパフォーマンスを支えていると思います。

田村 ファンドのポートフォリオの回転率は年率100%くらいになっています。1年間で全ての銘柄が入れ替わっているイメージです。実際には、テスラやロクなど長期で保有している銘柄もありますが、その銘柄もじっと持ち続けているのではなく、状況に応じて保有比率を見直しています。中小型株ファンドに多い、成長銘柄を発掘して長期保有するという運用態度とは大きく異なっているのが、当ファンドの特徴です。

 常にその時々に最適なポートフォリオに組み替えて、きめ細かく「リスタート」を繰り返しているのが「グローバルAIファンド」です。ですから、基準価額は4万円になっても、そこがまた設定時の1万円と同じように考えて良いのだと思います。長期に成長株に投資するファンドとして、長く保有していただきたいファンドです。

 ――今後のAI産業の長期の見通しは?

滝沢 当戦略では、中長期の利益成長見通しを基にした年率のEPS成長率に着目していますが、5月末時点で20.2%と引き続き非常に高い水準を維持しています。昨年のコロナウィルス後に起きたデジタルトランスフォーメーション(DX)により、テクノロジー関連銘柄などは一時的に成長が加速したという見方もありますが、むしろ、大多数の企業は業績が厳しく、コロナ禍で出来なかったデジタル投資をこれから拡大すると考えます。また、当ファンドで投資している銘柄の中では、経済活動再開時に恩恵を受ける企業も多くあります。AI技術の更なる進化でAIの利用が一段と広がる中で、当戦略における成長率はむしろこれから加速していくと考えています。

 この5月末時点でポートフォリオのEPS成長率が20.2%というのは、ファンドを設定した2016年9月末時点の20.4%と同等の水準です。設定から5年を経過しようとしていますが、ポートフォリオのEPS成長率が20%を超える高い水準でほとんど変化していないのは、AI産業の成長がいかに強く大きいかということを示していると思います。

 そして、実際には設定当時のポートフォリオの銘柄について21年5月末までのEPSの成長率を計算すると年率29.4%という当初の予想を上回る成長を遂げました。今後のAI産業の発展の可能性を考えると、今後、さらに5年、10年という期間には現在予想されているEPS成長率を上回る成長を遂げる可能性も十分にあると考えます。

田村 AI技術の進化は現在進行形です。ディープラーニング(深層学習)によって、現在は「予測」や「分析」という段階に進み、物流・製造の効率化や自動運転などが現実のものになってきましたが、今後は、状況に応じた対応ができる「協調」や、言語を理解して人間と議論ができるようになる「対話」のステージへと進化し、2040年代にはAIが人間の知能を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)を迎えるといわれています。現在は、その過程にあり、AIが生活の中に入り込み、その活用が不可欠な時代になってきました。

 たとえば、コロナワクチンを作ったモデルナやファイザーは、AIを活用することによって、通常は5年~10年かかる創薬をわずか1年で実用化できる水準にこぎつけました。コロナ治療薬を作っているイーライリリーも抗体データベースをAIが分析することによって開発スピードを上げています。このように、従来はITとは縁遠かった生命科学の分野でも近年は積極的にAIが活用され、今では、AIを活用していない産業はないと言っていいくらいに、あらゆる分野でAIが当たり前に使われるようになりました。この産業の成長に沿ってAI関連業界の業績もまた成長することが期待されます。

 「グローバルAIファンド」は、これからの成長を考えれば、まだまだ投資する価値が高いと思います。基準価額が下がったら購入しようと思っていても、タイミングよく購入できる方はほぼおりません。価格変動リスクが気になる方は、積立投資のように分割して購入なさる方法を検討してください。また、既に投資なさっている方は、できるだけ長期で保有することを考えていただきたいと思います。約5年で4倍という成長スピードは、なかなか代わりのあるものではありません。「予想分配金提示型」の2コース(為替ヘッジなし/為替ヘッジあり)は、収益の一部を受け取りながら投資を継続することもできます。予想分配金提示型と通常のコースを両方保有してもいいかもしれません。

 投資タイミングではなく、長期で保有することこそが、成長株投資で成功する秘訣だと思います。特に、AI産業の大きな成長を捉える投資については長期で保有していただきたいと思います。(グラフは、2016年9月から21年5月までの「グローバルAIファンド」のポートフォリオのEPSが年率29.4%の成長率が今後も継続すると考えた場合のEPSのトレンドラインとファンドの基準価額の推移)(情報提供:モーニングスター社)

続きを読む