中国人の目に映った日本人「自らを律することができる人びと」=中国

孔子の教えのなかに「克己復礼」というものがある。自分を律して礼儀をよく守ることを説いているが、現代中国でこの教えを実践している人はなかなか見られないという。逆に中国人からすると、日本人は「克己復礼」を体現していると思えるらしい。(イメージ写真提供:123RF)

 孔子の教えのなかに「克己復礼」というものがある。自分を律して礼儀をよく守ることを説いているが、現代中国でこの教えを実践している人はなかなか見られないという。逆に中国人からすると、日本人は「克己復礼」を体現していると思えるらしい。

 中国メディアの百家号はこのほど、「中国人が倣うことができないほど、日本人は自らを律することができる」と強調、いかに日本人は自分を律しているかを紹介する記事を掲載した。中国人からすると「病的と思ってしまうほど」徹底しているという。

 記事によると、日本人が自らを律していることは、礼儀正しさや日本社会で見られるさまざまな配慮からよく分かるという。公共の場所はどこも清潔で、公衆トイレであっても悪臭はないほどだと称賛しているが、中国人からすると「公共の場所は自分の場所ではなく、公衆トイレも自分の家のトイレでないのに、なぜ誰もが自分の家でもない場所を清潔に保とうとできるのかが不思議」なのだという。確かに中国ではひどく汚れている公衆トイレは少なくないが、これは公衆トイレを利用する中国人が「自分の家のトイレではない以上、汚しても構わない」と考えがちだからなのだろう。

 また記事は、日本の排水路は魚が泳ぐほどきれいだと伝えているが、これは自分の利益を優先せず、環境のことを考えた行動の積み重ねの結果と言えるだろう。一方、中国の排水路の汚さは想像を絶するほどであり、真っ黒だったり絵の具のような鮮やかな色をしていたりすることもある。

 さらに、「ごみの分別」からも日本人が自分を律していることがよく分かると紹介した。細かな分別が始まってすでに数十年が経つが、みんなきちんと分別ルールを守っていて、子どもたちも幼い時から分別の仕方を学んでいるので、ポイ捨てなどの問題もほとんどなく街がきれいだと称賛している。中国でも都市部ではごみの分別が始まっているが、日本ほど徹底していないのが現状だ。

 日本の公衆トイレや排水路がきれいなのが日本人の自律心によるものなのかは議論の余地がありそうだが、中国人のなかにも自国の公衆トイレや環境に対して問題意識を持つ人が増えているのは確かだ。中国の公衆トイレや環境もこれから変わっていくのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む