清潔で生活が便利で・・・日本がこんなにも魅力的な理由=中国

2020年はコロナ禍で海外との行き来が非常に困難になったが、そんななかでも日本に留学している外国人留学生は数多く存在する。日本は中国を含めた世界中の若者にとって魅力的な国なのだろう。(イメージ写真提供:123RF)

 2020年はコロナ禍で海外との行き来が非常に困難になったが、そんななかでも日本に留学している外国人留学生は数多く存在する。日本は中国を含めた世界中の若者にとって魅力的な国なのだろう。

 実際、英情報誌「モノクル」が発表した2018年版「世界の住みやすい街ランキングTOP25」では、東京が2位となっており、京都が17位、福岡が22位にランクインしている。中国メディアの百家号はこのほど、「なぜ日本はこんなに魅力的なのだろうか」と問いかけ、この理由について分析する記事を掲載した。3つの理由があるという。

 その理由の1つは「清潔さ」だという。街も店もどこも清潔で、公衆トイレは異臭がなく、トイレットペーパーを無償で提供していると指摘した。また、建築現場ですら清潔で、現場全体をシートで覆うことでほこりが舞わないようにしていると感心している。このような清潔さは、中国ではなかなか体験できないことだ。

 もう1つの理由は「生活が便利なこと」だ。特に日本のコンビニエンスストアは、日常生活に関係するあらゆるサービスを提供しており、光熱費のほか税金や保険料の支払いもすることができ、配達もしてくれて非常に便利だと指摘した。中国にもコンビニは多くあるが、日本のコンビニのような便利さには遠く及ばない。

 さらに、「小売業とサービス業が発達していること」を挙げた。日本のサービス業のレベルは世界一流であり、小売業はブランド構築に長けていて、効率的な管理モデルがあり、ユーザー体験を重視していると説明した。中国も近年ではサービス業で改善が見られるとはいえ、日本と比べたらまだまだと言えるだろう。

 記事は、日本で働き生活することは、視野を広げられるだけでなく、よりよい生活を体験する機会になるとしている。日本には中国では体験できないことが多くあると言え、日本での生活は中国人にとってやはり非常に魅力的に映っているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む