ランドセルは知っていた・・・だがここまで「凄い」とは知らなかった=中国

日本の小学校では、通学に使う子どもたちのかばんは「ランドセル」が一般的だ。子どもが使うかばんとしては値が張るが、6年間の使用に耐える丈夫なつくりで、それだけの価値があると言えるだろう。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の小学校では、通学に使う子どもたちのかばんは「ランドセル」が一般的だ。子どもが使うかばんとしては値が張るが、6年間の使用に耐える丈夫なつくりで、それだけの価値があると言えるだろう。中国の動画サイト・騰訊視頻はこのほど、「日本のランドセルの凄さ」を紹介する動画を配信した。

 動画では、中国でも興味のある人が多い日本のランドセルを実際に購入し、「どれだけすごいかばんか」を検証している。配信者はネットで購入したのか、「立派な箱に入って届いた」と紹介し、ランドセルが高級品として扱われていることを紹介した。実際に手に取ってみると、かなりしっかりした作りとなっていることに驚いた様子だ。中国の子どもたちが普段使っているのは布製のリュックなので、かなり違うと言えるだろう。

 ランドセルの特徴については、まず「背負いやすい設計」になっていることを紹介した。背あての部分がふかふかで、肩ベルトがしっかりしているので体に負担が少なく、「猫背にならない」と伝えている。また「容量」も十分で、A4サイズの本がぴったり入る大きさも魅力だとした。ランドセル横には丈夫なフックがあり、反射材が付いていて、水にも強く、開け閉めしやすい工夫も見られ、細かなところまで考えられていると称賛している。

 6年間使うとなれば、丈夫さが気になるところだが、動画では大人の力で押してもすぐに元の形に戻る様子を紹介し、つぶれにくさを強調した。配信者は「200以上のパーツを使っていて、まさに芸術品だ」と述べ、職人の手で丹精込めて作られていることを称賛した。

 中国では子どもにかける情熱が強く、より良い教育と、より上質のものを与えるためならどんな犠牲もいとわない親は少なくない。配信者によると、日本のランドセルを紹介したSNSの投稿に60万の「いいね」が付いたこともあるそうだ。そんな中国では、日本のランドセルが流行するようになるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む