日本人も認める、環境が日本と同じくらい美しい中国の沿海都市とは?

中国のポータルサイトに、中国にある衛生環境が日本に引けを取らない、あらゆる国内都市が見習うべき街として山東省威海市を紹介する記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)

 中国のポータルサイト・新浪に2日、中国にある衛生環境が日本に引けを取らない、あらゆる国内都市が見習うべき街として山東省威海市を紹介する記事が掲載された。

 記事は、威海市について新石器時代にはすでに定住者がいたという非常に長い歴史を持つ街であると紹介。清朝末期の1898年からは威海衛が英国の租借地となるなど、近代においては列強が奪い合いを繰り広げる要衝としても知られ、日清戦争もこの地で勃発したと伝えている。

 そして、1949年の中華人民共和国建国後は威海市として、三方を海で囲まれるという地理的環境による豊富な水産資源や風景を生かして大いに発展してきたと紹介するとともに、日本や韓国に近いことから輸出業も現地経済の大きな支柱になっているとした。

 また、経済発展によって豊かになるのに伴い、同市は街の環境を重視するようになったと伝え、中国で初めての「国家衛生都市」に選ばれたことを紹介。白い服や白い靴を履いて一日過ごしても汚れることはなく、街の緑化や排ガス規制にしっかり取り組んでいることから水も空気も非常にきれいだと説明した上で「現地を訪れた日本人さえもが、威海の良好な環境が日本の街に引けを取らないものだと語るほどだ」と伝えている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む