日本のトイレには2種類しかない「きれい」か「とてもきれいか」=中国

日本人には何をするにも細かいという特徴があるが、中国人から見ると「どれだけ細かく見える」のだろうか。中国メディアは、トイレから日本人の細やかさが分かると紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

 日本人には何をするにも細かいという特徴があるが、中国人から見ると「どれだけ細かく見える」のだろうか。中国メディアの快資訊は19日、トイレから日本人の細やかさが分かると紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本のトイレは2つの点で「不思議な場所だ」と紹介し、「清潔の度合い」と「人に優しい設計」の2つで、中国人観光客に安心感と驚きを与えているとした。

 「清潔さ」については、日本中どこのトイレも同じようにきれいだと称賛した。ホテルの部屋のトイレも、コンビニのトイレも「全く欠点が見つからない」ほどで、あえて言えば「きれいか、とてもきれいか」の違いしかないと伝えている。

 「人に優しい設計」については、かゆい所に手が届く親切な設計が「春のそよ風のように」心憎いとしている。中国には高級ホテルでようやくお目にかかれる温水洗浄便座が日本では標準装備になっていて、トイレ用擬音装置のほか、ベビーチェアやおむつ交換台まであるので、子連れでも安心して出かけられるとした。

 中国人の生活のなかでは、最も清潔さから程遠い場所であるトイレが、日本では逆に「きれいで細やかな設計」の代名詞になっているようだ。日本人の細かさは、中国人旅行者に安心感を与え、日本人自身の生活をより快適にしているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む