中国人の多くは知らない・・・韓国のすごい実力=中国メディア

東アジアに位置する日本、中国、韓国はなにかと比較の対象となるが、世界第2位の経済大国である中国から見ると、韓国はどうしても経済力では見劣りしてしまうという。(イメージ写真提供:123RF)

 東アジアに位置する日本、中国、韓国はなにかと比較の対象となるが、世界第2位の経済大国である中国から見ると、韓国はどうしても経済力では見劣りしてしまうという。しかし、中国メディアの網易はこのほど、「中国人の多くは韓国のすごい実力を知らないでいる」と論じる記事を掲載し、韓国がいかに強いかを紹介した。

 記事はまず、経済協力開発機構(OECD)によると、韓国の2020年のGDPはOECD加盟国のうちカナダをわずかに上回って第9位となり、ロシアやブラジル、オーストラリアをも超えたと紹介した。日本や中国にはまだ及ばないものの、世界のトップ10に入ったことは評価すべきだとしている。また、購買力を基準とした1人当たりGDPで、韓国は日本を追い越したこともあると指摘した。

 さらに、韓国は「経済自由度指数」でも高い評価を得ていると紹介した。米国のヘリテージ財団が発表した2021年版の「経済自由度指数」によると、日本は23位、韓国は24位だったが、中国は107位と大きく引き離されている。特に韓国は、ビジネスの自由度が高く評価されているという。

 このほか、教育面でも韓国は優れているそうだ。記事は、第58回国際数学オリンピック(IMO)で韓国が優勝したことを紹介し、これを根拠に「アジアにおいて教育面での実力が強い国」だとしている。また、韓国には14万人もの外国人留学生がいる留学大国でもあると伝えた。

 中国では韓国のことを格下扱いする傾向があるが、韓国の実力を認めている人も多いようだ。とはいえ、韓国経済も新型コロナの影響を強く受けており、2021年の経済見通しは決して楽観できるものではないと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む