これは効果的だ! 日本の交通安全教育は「強烈なインパクト」=中国

日本の学校では定期的に交通安全教育が行われているが、中国の動画サイトはこのほど、日本で生活する中国人による動画を配信し、「日本の交通安全教育は子どもたちに強烈なインパクトを与える、とても効果的な教育だ」と称賛している。(イメージ写真提供:123RF)

 日本の学校では定期的に交通安全教育が行われているが、中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、日本で生活する中国人による動画を配信し、「日本の交通安全教育は子どもたちに強烈なインパクトを与える、とても効果的な教育だ」と称賛している。

 この中国人配信者はまだ小さな子を持つ父親だという。配信者によれば中国でも交通安全教育の授業は実施されており、絵やビデオ教材などを用いて子どもたちに交通事故の危険性を教えているそうだ。しかし日本の交通安全教育は中国の教育方法よりもはるかに「効果的だ」と確信を込めて伝えている。

 なぜなら日本の一部の学校では子どもたちに「スタントマンが交通事故を再現する」という実演を見せているためだと紹介し、急な飛び出しによる自転車とバイクの衝突、トラックのすぐ脇を走る自転車がトラックの左折に巻き込まれる状況、2人乗りの自転車が他の自転車に衝突するシーンなどを再現し、交通事故がどのような状況で起きるのかを子どもたちに分かりやすく教えていると紹介した。

 さらに動画では、スタントマンによる再現が非常に効果的なのは、絵やビデオ教材よりもはるかに実体験に近いためであり、「経験しなければ恐ろしさはわからない」という言葉のとおり、子どもたちは実演を通じて交通事故の恐ろしさを肌で理解できると指摘。事故の恐ろしさを理解して初めて、子どもたちは自発的に交通ルールを守るようになるものだと論じた。
 
 一方、中国でも交通安全教育は実施されているものの、「子どもの手を引いて一緒に歩きながら、交通ルールを無視する親が多い」のが現状だと指摘。親が交通ルールを無視していたのでは子どもにいくら教育を施しても無意味であるとし、こうした現状には「怒りすら覚える」と語っている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む