プロゲーミングチーム“FAV gaming”、スポーツブランド“Kappa”とのコラボグッズを発売!

株式会社KADOKAWA
株式会社KADOKAWA Game Linkage(KADOKAWAグループ)

Summerコレクションとして新たに3アイテムが登場


株式会社KADOKAWA Game Linkage(本社:東京都文京区、代表取締役社長:豊島秀介)は、自社で運営するプロゲーミングチーム“FAV gaming(ファブゲーミング)”のオフィシャルアパレルグッズについて、新たなアイテムを発売することについてお知らせします。




発足から4年目を迎えたFAV gamingは、現在「格闘ゲーム部門」、「クラッシュ・ロワイヤル部門」、「レインボーシックス シージ部門」、「VALORANT部門」、「Apex Legends部門」、「PUBG Mobile部門」、「Call of Duty部門」、「ストリーマー部門」の8部門を設置し、世界で戦えるチームとして成長を続けています。
2020年5月より本格展開を開始したFAV gamingのアパレルグッズは、スタイリッシュで普段使いがしやすいデザインが評判を集め、チームファンはもちろん、一般の方からも多くの支持を得ています。
第3弾となる今回は、イタリア発の人気スポーツウェアブランドで、eスポーツとファッションのかけ合わせをグローバルで取り組んでいる“Kappa”とのコラボレーションが決定しました。

2021年7月17日(土)12時より、Summerコレクションとして、Tシャツ2種とキャップ1種の販売を開始します。
またSummerコレクションでは、ストリーマーであり、ゲームとファッションという観点からゲーマーファッションのカルチャーを広める、yunocyさんをゲストモデルとして採用。FAV gaming公式サイトでは、yunocyさん含むストリーマーや、選手の着用写真を掲載しています。ぜひご覧ください。




◆FAV gaming公式サイト オフィシャルグッズ紹介ページ
 https://www.favgaming.com/goods-ja/

◆オフィシャルグッズの購入(ebten)
 https://ebten.jp/famitsu/1455



【STREAMER / yunocy】



SNS総フォロワー数70万人以上!

世界的デバイスメーカー「RAZER」と、日本人女性として初のパートナーシップを締結。
ゲームを愛しゲームを楽しむ“ゲームライフ”という新しいライフスタイルを確立していくアイコン。
ファッション・メイク・デバイス・音楽・インテリア.. トータルコーディネートとしてゲームライフを楽しみ、
ゲーマーファッションの楽しさを伝えていく存在=yunocy




FAV gaming(ファブゲーミング)について



“FAV gaming”とは、KADOKAWA Game Linkageがプロデュースするゲーミングチームです。現在、「格闘ゲーム部門」、「クラッシュ・ロワイヤル部門」、「レインボーシックス シージ部門」、「VALORANT部門」、「Apex Legends部門」、「PUBG MOBILE部門」、「Call of Duty部門」、「ストリーマー部門」の8部門を設置しています。
名称は、チームスローガンであるFun and Victory(楽しんで勝つ)の頭文字から採用しました。プレイ、行動を通じて、すべての世代に愛され、ファンを幸せにするチームを目標にしています。
公式サイト: https://www.favgaming.com/
公式Twitter: https://twitter.com/fav_gaming
公式YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCT6uPY-VtXHKpYesif3iNlA/



株式会社KADOKAWA Game Linkage(カドカワ ゲーム リンケージ)について



株式会社KADOKAWA Game Linkage(代表取締役社長:豊島 秀介)は、株式会社KADOKAWAの100%子会社です。
『ファミ通』『ゲームの電撃』ブランドをはじめとする情報誌の出版、Webサービス運営、動画配信といったゲームメディア事業を展開しています。そのほかイベント企画やeスポーツマネジメントなど、ゲームにまつわるあらゆる分野で新しい価値の創出に挑戦。ゲームとユーザーの熱量を高め、ゲームの面白さや楽しさをさらに広げてまいります。
公式サイト: https://kadokawagamelinkage.jp


プレスリリースのダウンロード:https://prtimes.jp/a/?f=d7006-20210715-7ff2b71dde3bc9b375f278a1079917bd.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む