【JAF宮崎】道の駅で交通安全イベントを開催!~JAF・道の駅交通安全啓発キャンペーン~

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】
一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)宮崎支部(支部長 百野 正剛)は、夏の行楽シーズンを迎え、外出する機会が多くなることから、県内3ヶ所の道の駅を会場に交通安全啓発イベント「JAF・道の駅 交通安全啓発キャンペーン」を開催します。


これは、宮崎県内の一般道で後席シートベルト着用率が19.7%※と低く、シートベルト非着用の危険性が認識不足とされていることから、「シートベルトコンビンサー」での衝突体験を通して、シートベルト着用の大切さを啓発するために行うものです。

また、交通安全クイズに答えてもらえる「子ども安全免許証」発行など家族で楽しめるブースも出展します。

この機会に道の駅へお越しいただき、家族で交通安全について学びましょう。
※シートベルト着用状況全国調査(2020)警察庁・JAF調べ


JAF・道の駅 交通安全啓発キャンペーン


「JAF・道の駅 後席シートベルト・チャイルドシート啓発キャンペーン」実施要領
1 日時及び会場
(1)7月22日(木・祝)10:00~15:00
 道の駅 つの(児湯郡都農町)
(2)7月23日(金・祝)10:00~15:00
 道の駅 北浦 (延岡市北浦町)
(3)7月24日(土)10:00~15:00
 道の駅 えびの(えびの市)
2 内容
(1)シートベルトコンビンサー体験
時速約5kmの衝撃体験でシートベルトの重要性が学べる車両です!
(2)子ども安全免許証発行
大人気!交通安全クイズに答えて免許証そっくりのカードをゲットしよう!
(3)JAFオリジナルトミカ販売
ギミック満載のオリジナルトミカ。プレゼントにもどうぞ!

※イベントは感染防止対策を講じたうえで開催いたします。※小雨決行
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む