発売即・三刷・10万部突破! 城塚翡翠はやはりすごかった!

株式会社講談社
本ミス大賞、このミス1位、本ミス1位、SRの会1位、ベストブックミステリ5冠獲得の傑作ミステリ『medium 霊媒探偵城塚翡翠』の続編『invert 城塚翡翠倒叙集』、大重版決定!

7月7日(水)に発売となった『invert 城塚翡翠倒叙集』(著:相沢沙呼)は発売前重版、そして、発売翌日の大重版が決定し早くも10万部突破となりました。



本書は、★第20回本格ミステリ大賞受賞、★「このミステリーがすごい! 」1位、★「本格ミステリ・ベスト10 」1位、★「SRの会ミステリベスト10 」1位、★2019年ベストブック、のミステリランキング5冠を獲得した『medium 霊媒探偵城塚翡翠』の続編となります。
『medium』は「すべてが、伏線。」と銘打たれ、読書家たちを驚愕させた「何を言ってもネタバレになる!」衝撃の結末から、続編執筆が不可能と言われていました。
しかし、『invert 城塚翡翠倒叙集』は探偵サイドの視点で描かれる通常のミステリ形式を反転させ、犯人の視点で描かれる倒叙ミステリ、という形式を取ることにより、新たな城塚翡翠の魅力とともにここに復活いたしました。完全犯罪を企む犯罪者の前に現れる、死者の声を聞き霊能力で犯人を指摘するという城塚翡翠。犯人たちは霊媒探偵によって徐々に追い詰められます。果たして犯人たちの運命は……!? そしてラストに待ち受ける『medium』を超える衝撃とは?


invert 城塚翡翠倒叙集
著:相沢沙呼
2020年7月7日発売

<あらすじ>
アリバイは鉄壁、計画は完璧、事件は事故として処理される......はずだった。だが、犯人達のもとに死者の声を聴く美女、城塚翡翠が現れる。
I Tエンジニア、小学校教師、そして人を殺すことを厭わない犯罪界のナポレオン。すべてを見通す彼女の目から、犯人たちは逃れることができるのか?

<著者略歴>
【相沢沙呼(あいざわ・さこ)】
1983年埼玉県生まれ。2009年『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。繊細な筆致で、登場人物たちの心情を描き、ミステリ、青春小説、ライトノベルなど、ジャンルをまたいだ活躍を見せている。『小説の神様』(講談社タイガ)は、読書家たちの心を震わせる青春小説として絶大な支持を受け、実写映画化された。

シリーズ前作『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(写真上右)は、第20回本格ミステリ大賞受賞、「このミステリーがすごい!」2020年版国内編 第1位、「本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング 第1位、「2019年ベストブック」(Apple Books)2019ベストミステリー、2019年「SRの会ミステリーベスト10」第1位、の5冠を獲得した。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む