エリスロポエチン薬剤マーケット は、2028年には14,414.59百万ドルに達すると予測されています。

Report Ocean
2021年7月16日にREPORT OCEANが発表した新しいレポートによると、エリスロポエチン薬剤マーケットの規模は、2020年に92億4,312万ドルとなり、2021年から2028年まで年率5.7%で成長している


Report Ocean社が発行した最新レポート「エリスロポエチン製剤市場の種類別、用途別:世界の機会分析と業界予測、2021-2028年」によると、"


レポート購入前に、無料サンプルページをご請求ください。https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1801

世界のエリスロポエチン製剤市場規模は、2020年に92億4,312万ドル、2021年から2028年にかけて5.7%のCAGRを記録し、2028年には144億1,459万ドルに達すると予測されています。

市場の概要

エリスロポエチン/hematopoietinは、赤血球生成を介して骨髄で赤血球の生産を誘発する糖タンパク質ホルモンです。エリスロポエチン製剤は、ESRD治療や透析による貧血の治療を目的に開発されました。EPO製剤は、化学療法による貧血の治療薬としても承認されています。組換えDNA技術の高度な応用により、体外用のエリスロポエチンや合成型のエリスロポエチンを製造することができ、これらは組換えヒトエリスロポエチン(rHuEPO)と呼ばれています。現在、EPOは、末期腎不全治療、化学療法、抗レトロウイルス療法(ART)による貧血状態に主に使用されています。

影響の大きい要因

今回のパンデミックは、様々な分野で多くの経済成長を阻害しました。しかし、エリスロポエチンをはじめとする様々な医療サービスの需要が急増し、プラスの効果もありました。エリスロポエチン(EPO)は貧血治療薬であり、COVID-19にも効果があると、ゲッティンゲンのマックス・プランク実験医学研究所の科学者は述べています。彼らによると、SARS-CoV-2が脳を攻撃した場合、成長面が重篤な病気の発症を緩和し、長期的な神経学的影響から人々を守ることができるという。また、エリスロポエチンの効果を示唆する事例も報告されています。現在、科学者たちは、エリスロポエチンを用いたCOVID-19の治療効果を体系的に調べるために、無作為化臨床試験を計画しています。

末期腎不全治療、化学療法、抗レトロウイルス療法(ART)などによる貧血状態の増加。そのため、化学療法の治療サイクル数の増加や、末期腎疾患(透析)の発生率の増加により、EPOの需要が高まっています。しかし、EPOには動脈硬化、鉄欠乏症、インフルエンザ様症候群などの副作用があり、またEPOの投与期間が4~6週間と長いため、エリスロポエチン製剤市場の成長を阻害しています。また、エリスロポエチンのバイオシミラーの商業化の動きが活発化していること、償還が容易であること、政府の規制が良好であること、EPO治療薬の利点に関する認知度が高まっていることなどが、エリスロポエチン製剤市場の成長を後押ししています。

市場セグメントの概要

エリスロポエチン製剤市場は、製品タイプ、用途、地域に基づいてセグメント化されています。




詳細については、sandeep@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

私たち@ReportOceanは、四半期ごとにデータベースを更新しています。


製品タイプ別では、アムジェン社が開発したエリスロポエチンのトップブランドである「エポジェン」の売上が増加していることから、エポエチンアルファの売上が予測期間を通じて最も高くなると予想されています。米国では、アムジェン社がエリスロポエチン製剤の特許を取得したことにより、エポジェンが大きく成長しました。

用途別では、腎臓疾患(ESRDおよび透析)分野が2020年に大きなシェアを占めており、予測期間中は、腎臓疾患患者の増加を背景に高い成長率が見込まれています。さらに、ESRDは、腎疾患患者がEPO治療を処方する際の主な原因となっています。

地域別のカバー

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカが分析対象となっています。




世界のエリスロポエチン製剤市場では、いくつかのエリスロポエチンバイオシミラーが承認・商業化されていることから、北米が圧倒的なシェアを占めています。
しかし、アジア太平洋地域はエリスロポエチンの成長にとって有望な市場であり、エリスロポエチンのオリジネーター企業の大半がアジア太平洋地域の市場に注目しています。 この地域では、主要メーカーがバイオシミラーを開発しているため、バイオシミラー業界で最大のシェアを占めています。インドと中国は主要なエリスロポエチンのバイオシミラー市場です。インドでのバイオシミラーの開発にかかる費用は、産業環境や政府の法律の関係で、1,000万ドルから2,000万ドルとなっています。さらに、インドをはじめとするアジア太平洋地域の大半の国では、バイオシミラーの開発に第I/II相試験は必要ありませんが、最低100人の患者を対象とした第III相試験が義務付けられています。そのため、アジア太平洋地域のバイオシミラーメーカーの大半は、バイオシミラー版エリスロポエチンを、イノベーター製品よりも25~40%安い価格で発売することができます。
アジア太平洋地域とLAMEA地域は、北米やヨーロッパに比べてエリスロポエチン製剤の開発が進んでいないため、エリスロポエチンメーカーにとって有望な成長機会となります。

競合分析。

アムジェン、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ホスピーラ、ロシュ、LGライフサイエンス、バイオコン、インタス・ファーマシューティカルズ、テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ、ランバクシー・ラボラトリーズ、セルトリオンなどが挙げられます。

本調査の主な結果


製品別に見ると、2020年の世界のエリスロポエチン製剤市場では、エポエチンアルファが最大のシェアを占めています。
用途別では、2020年に腎臓疾患がエリスロポエチン製剤市場で最大のシェアを占め、予測期間を通じて優位性を維持することが予想されます。
地域別では、予測期間中、北米が最も高い成長率を示すと予想されています。


レポートスコープの確認を依頼するhttps://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=AMR1801

私たちについて:


私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む