光ファイバ芯線貸与サービスの提供エリアを拡大します ~JR西日本光ネットワーク株式会社と光ネットワークの相互接続を開始~

阪神電気鉄道株式会社
阪神ケーブルエンジニアリング株式会社(本社:兵庫県西宮市、社長:藤井啓詳)では、阪神電気鉄道や阪急電鉄などの鉄道の軌道沿いを中心に、通信拠点間を光ファイバで結ぶ光ネットワークを構築し、光ファイバの芯線を通信事業者や一般企業向けに貸与するサービスを提供しています。


この度、JR西日本光ネットワーク株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役:山内崇)が提供する光ネットワークと相互に接続し、今秋から芯線貸与サービスの提供エリアを拡大します。

1.光ファイバ芯線貸与サービスについて
当社では、通信拠点間(IX・データセンターなど)を光ファイバで結ぶ光ネットワークを構築し、光ファイバの芯線を通信事業者向けに貸与する「光ファイバ芯線貸与サービス」や一般企業向けに貸与する「光ファイバ専用サービス」を提供しています。
光ネットワークは、鉄道の軌道沿いを中心に構築しているため、次の特徴を有しています。
(1)高信頼:断線等の事故や支障移設工事によるサービス中断が少ない
(2)低損失:通信拠点間を直線性の高いルートで結ぶため、伝達距離が短く損失が少ない
(3)ルート冗長:他の通信事業者とは異なる経路で拠点間を結ぶことによる、ルートの冗長化が可能

また、屋外ケーブル敷設工事のノウハウを活かし、軌道沿いから離れた通信拠点への接続にも柔軟に対応しています。

2.光ネットワークの相互接続
2社が提供する光ネットワークを、大阪府及び兵庫県内で相互に接続します。これにより、阪神電気鉄道や阪急電鉄などの鉄道の軌道沿いに加えて、沿線外の通信拠点間を結ぶサービスの提供が可能となります。

3.今後のスケジュール(予定)
2021年7月 西九条エリア 及び 大阪梅田エリア 接続
2022年3月 宝塚エリア 及び 神戸エリア 接続

(参考)阪神ケーブルエンジニアリング株式会社の概要
本社所在地:兵庫県西宮市上鳴尾町27-11
代表者:代表取締役社長 藤井 啓詳
資本金:5,000万円(阪神電気鉄道株式会社の100%子会社)
設立年月日:2009年9月
事業内容:電気通信事業(地域BWA事業、光ファイバ賃貸事業)、登録検査等事業、建設業(電気通信工事、電気工事)


阪神電気鉄道 https://www.hanshin.co.jp

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/6bb0f0e69c3ab086de37479a5757a0635e65f28e.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む