「マイナビ 2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(6月)」を発表

マイナビ
6月時点でインターンシップ・ワンデー仕事体験に参加したことのある学生は27.7%。前年比6.7pt増と大きく増加

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、2023年3月卒業予定の全国の大学3年生、大学院1年生(8,692名)を対象に実施した、「マイナビ 2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(6月)」の結果を発表しました。



<TOPIC>


2023年卒業予定の学生でインターンシップ・ワンデー仕事体験への参加を望む人の割合は94.0%【図1、2】
6月時点でインターンシップ・ワンデー仕事体験に参加したことのある学生は27.7%(前年比6.7pt増)【図3、4、5】
インターンシップ・ワンデー仕事体験の応募時に感じる不安は「スケジュールの調整ができるかどうか」「プログラム内容についていけるかどうか」「日時や参加フローなど、詳細情報が不明瞭」【図6】


【調査概要】
2023年卒業予定の大学生、大学院生に、インターンシップ・ワンデー仕事体験の参加意欲を聞いたところ、参加したいと回答した割合は94.0%だった(「絶対に参加したい(55.9%)」+「できれば参加したい(38.1%)」の合計)。参加希望社数は、前年比1.5社減の平均6.6社だった。2022年卒学生は新型コロナウイルス感染拡大の影響でサマーインターンシップが中止になるケースも多く、就職活動に焦りがあったことから、少しでも多くのインターンシップに参加を希望する傾向があった。一方で、2023年卒は、オンラインで開催する環境が整備されたこともあり、企業やプログラムを吟味して参加する学生が多く、前年に比べて希望社数が減少したと推察される。【図1、2】

これまでにインターンシップ・ワンデー仕事体験の経験があると回答した割合は、前年比6.7pt増の27.7%だった。6月に参加した学生のうち、WEB開催のプログラムに参加した割合は74.9%、また、1日開催のワンデー仕事体験に参加した割合は53.6%だった。オンラインインターンシップやワンデー仕事体験をうまく活用しながら、早い時期から学生が積極的に活動している様子がうかがえる。【図3、4、5】

インターンシップ・ワンデー仕事体験の応募時にどのような不安を感じるか聞いたところ、「スケジュールの調整ができるかどうか」という回答が57.9%で最多となった。また、「日時や参加フローなど、詳細情報が不明瞭」も44.2%と多く、新型コロナウイルス感染拡大の見通しが不明瞭で、企業がなかなか詳細を出すことができず、学生の不安につながっているようだ。「プログラム内容についていけるかどうか」を不安に感じる割合は49.2%で、自身がインターンシップで力を発揮できるかどうかを不安に思っていることがわかる。【図6】

【図1】インターンシップ・ワンデー仕事体験への参加意欲



【図2】在学中のインターンシップ・ワンデー仕事体験希望参加社数(平均) 単位:社



【図3】6月までにインターンシップ参加経験がある割合(経年)



【図4】<今月インターンシップに参加した学生限定>
参加したインターンシップの期間(複数回答)




【図5】<今月インターンシップに参加した学生限定>
参加したインターンシップの期間(複数回答)




【図6】インターンシップ・ワンデー仕事体験応募時に感じる不安




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【調査概要】「マイナビ 2023年卒大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(6月)」
・調査期間/2021年6月19日(土)~6月30日(水)
・調査方法/マイナビ2023の会員に対するWEBアンケート
・調査対象/2023年3月卒業見込みの全国の大学3年生、大学院1年生
・有効回答数/8,692名(文系男子1,511名 理系男子1,201名 文系女子4,438名 理系女子1,542名)
※調査結果は、端数四捨五入の都合により合計が100%にならない場合があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※調査結果の詳細は会社HPのニュースリリース(https://www.mynavi.jp/news/)からご確認いただけます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む