過敏性腸症候群治療薬市場ータイプ別{下痢を伴うIBS(IBS-D)、便秘を伴うIBS(IBS-C)、混合IBS(IBS-M)};副産物別;エンドユーザー別;製品別-世界の需要分析と機会見通し2029年

Kenneth Research
Research Nester Private Limitedは調査レポート「過敏性腸症候群治療薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」2021年07月 19日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。


レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3040

市場の成長を促進すると推定される主な要因は、老人人口の増加、胃腸疾患の有病率の増加、世界中の不健康な食品の摂取量の増加、および世界中の人口のストレスレベルの増加です。アメリカ合衆国の約11%~14%の人々が過敏性腸症候群に苦しんでいると推定されています。これらに加えて、市販薬の入手可能性の向上と、IBSの効果的な治療法を開発するための主要企業による急増する投資は、市場の成長を促進すると予測される他の要因です。さらに、過敏性腸症候群の治療に関する意識向上キャンペーンの増加は、近い将来、市場拡大の機会を提供すると予想されます。

北米は、安価なファーストフードの入手可能性とこの地域での座りがちな生活の増加傾向により、シェアの面で世界市場をリードすると予測されています。これに加えて、ヨーロッパ地域も大きな市場シェアを保持すると予想されます。これは、IBSのさまざまな医療を製造する主要企業の存在に起因する可能性があります。

さらに、アジア太平洋地域は、過敏性腸症候群についての意識の高まり、地域でIBSの治療に使用される製品の受け入れの高まりにより、予測期間中に市場成長の魅力的な見通しを提供すると予測されています。医療インフラの拡大、専門医療施設を備えた病院の数が増え、医療技術の革新の急増も、今後数年間でこの地域の市場の成長を促進すると予想されます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3040




市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。


過敏性腸症候群(IBS)薬市場は、(2021ー2029年)の予測期間中に大幅なCAGRで成長することにより、大きな収益を獲得すると予想されます。
過敏性腸症候群治療薬市場は、タイプ別{下痢を伴うIBS(IBS-D)、便秘を伴うIBS(IBS-C)、および混合IBS(IBS-M)};副産物別(エルキサドリン、ルビプロストン、リファキシミン、リナクロチド、その他);エンドユーザー別(ドラッグストアと小売、病院、オンライン薬局);製品別(Xifaxan、Linzess、Amitiza、Viberzi、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
過敏性腸症候群治療薬市場における業界のリーダーはAbbott Services、Ardelyx, Inc.、Astellas Pharma Inc.、AstraZeneca、GlaxoSmithKline Plc、Johnson & Johnson Services, Inc.、Novartis AG、Ironwood Pharmaceuticals, Inc.、Synergy Pharma Consultancy Private Limited、Synthetic Biologics, Incなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
過敏性腸症候群治療薬市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。


過敏性腸症候群治療薬市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

i. 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ii. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
iii. アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
iv. 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/irritable-bowel-syndrome-drugs-market/3040

【調査レポートの詳細内容について】

https://www.researchnester.com/reports/irritable-bowel-syndrome-drugs-market/3040
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む