防食コーティング市場のグローバルシナリオ、市場規模、見通し、傾向と予測2022-2030年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「防食コーティング市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年07月 14日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325344


調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

防食コーティング市場は、2030年末までに460憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に5.2%のCAGRで拡大すると予測されます。

防食コーティングは、湿気、湿気、塩水、酸化、およびさまざまな環境化学物質や工業用化学物質から金属表面を保護します。これらのコーティングは、腐食性物質または化合物間の相互作用を防ぐバリアとして機能します。これらのコーティングは、高い耐薬品性と耐熱性、および高い機械的強度を提供します。改善された防食特性、および金属構造の強化された仕上げ能力も、市場の成長を促進すると予想されます。

投資の増加と産業の増加により、インフラストラクチャの改善に対する要件が高まっており、これは予測期間中ににおける防食コーティング市場の成長の重要な要因です。亜鉛、エポキシ、アルキド、ポリウレタン、アクリル、塩素化ゴム、ケイ酸塩、フルオロカーボンなどのさまざまな種類の防食コーティングが、工業目的で広く使用されています。

世界の防食コーティング市場の成長を推進するさまざまな要因には、インフラストラクチャのアップグレード、腐食による損失の増加、および最終用途産業の成長が含まれます。しかし、環境規制は防食コーティング市場の成長に悪影響を与える可能性があります。また、新興地域と高効率の防食コーティングに関する需要は、予測期間中にこの市場のプレーヤーにより多くの成長の機会を提供します。

市場の成長に影響を与える主要なマクロ経済指標
化学物質(製造における付加価値の%)– 2016-2018年





ソース:世界銀行
化学産業は経済の主要な構成要素です。米国経済分析局によると、2020年の米国の場合、GDPに占める化学製品の付加価値の割合は約1.9%でした。さらに、世界銀行によると、米国の化学産業は、2018年の製造業の付加価値の16.43%を占めています。エンドユーザーからの需要の高まりに伴い、化学製品の市場は将来的に成長すると予想されます。UNEP(国連環境計画)によると、化学物質の売上高は2017年から2030年にかけてほぼ2倍になると予測されています。現在のシナリオでは、アジア太平洋地域が最大の化学物質の生産と消費の地域です。中国には世界最大の化学産業があり、年間売上高は約1.5兆米ドルを超え、近年では、世界の売上高の約3分の1以上を占めています。さらに、広大な消費者基盤と有利な政府の政策により、中国の化学産業への投資が後押しされています。低コストの原材料と労働力の容易な入手可能性、政府の補助金、および緩和された環境基準は、世界中の主要ベンダーの生産拠点として機能しています。一方、FICCI(Federation of Indian Chambers of Commerce&Industry)によると、インドの化学産業は2019年に1,630億ドルと評価され、世界の化学産業に3.4%貢献しました。また、世界の化学製品生産で6位にランクされています。この統計は、今後数年間でアジア太平洋諸国の企業に投資するための有利な機会を示しています。

市場セグメンテーション洞察

世界の防食コーティング市場は、タイプ、技術、最終用途産業、および地域に基づいて分類されます。防食コーティング市場はタイプによって、ポリウレタン、エポキシ、アクリル、アルキド、塩素化ゴム、亜鉛などにに分割されます。技術は、水系、溶剤系、粉体塗装に分類されます。さらに、最終用途産業によって市場は、石油・ガス、海洋、産業、インフラ、自動車・運輸、発電、などに分割されています。

防食コーティング市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなどに地域によって分割されています。

地域別では、アジア太平洋地域が2019年の主要な収益貢献セグメントです。アジア太平洋地域には、世界で最も急速に成長している2つの経済圏、インドと中国が含まれます。中国は耐食性コーティングの最大のメーカーとユーザーです。さらに、アジア太平洋地域での高いGDP成長と可処分所得の増加により、海洋、自動車、およびその他の多くのエンドユーザー産業を含む防食コーティングの高い成長がもたらされました。

アジア太平洋地域で防食コーティングの需要を推進する重要な要因の1つは、エンドユーザー産業の高成長です。アジア太平洋地域は、防食コーティングの最も急速に成長している地理的セグメントであると予測されています。北米は、ヨーロッパに続いて防錆コーティングの2番目に大きな市場です。

防食コーティング市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「防食コーティング市場」というタイトルのレポートは、防食コーティング市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

市場におけるキープレイヤー概要

さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の防食コーティング市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。防食コーティング市場における業界のリーダーはAxalta Coating Systems, AkzoNobel N.V., PPG Industries, Inc., Ashland Inc., BASF SE, Hempel A/S, The Sherwin-Williams Company, Jotun, Kansai Paint Co., Ltd., and RPM International Inc.などです。

このレポートでは、ポーターの5つの力の分析、BPSポイント分析などの分析ツールを使用して、さらに詳細な情報に焦点を当てています。市場の分析データは量と値の両方で分類されているため、クライアントが分析の決定を行うためのより詳細な分析を提供します。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/anti-corrosion-coatings-market/10325344

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む