JTBスタッフが作る「あつまれ どうぶつの森」JTB島を公開します

株式会社JTB
株式会社JTBは、『仮想体験からリアルな実感価値を体感いただく』をコンセプトに、Nintendo Switch「あつまれどうぶつの森」上で関東近郊の夏旅をバーチャル体験できる「JTB島」を7月14日に一般公開します。


長引くコロナ禍で行動制限が掛かる中、旅行をご紹介できない若手JTB社員が旅の楽しさを伝えるため、「あつまれどうぶつの森」で関東エリアの主な観光名所(夏の見所)が体感できる「JTB島」を作成しました。
実際にある観光名所やエリアをモチーフにし、JTBスタッフがお客様に体験していただきたいコンテンツを再現、仮想空間でも旅行を楽しむことができます。


「JTB島」夢番地コード:DA-5817-0201-9307

■JTB島の主なコンテンツ
島では制服を着たJTB店頭スタッフと店長が登場。観光できるエリアは以下の通りです。

都内:優雅なホテルライフと魅力的なナイトプールを体験
浅草:仲見世を通りお参り後、芸者さんの舞台をイメージしたセットを見学
横浜:中華街散策や、チャイナ服での記念撮影
熱海:海沿いの豪華ホテルでリゾートステイ、花火体験
山梨:もも狩り体験や、ワイナリーの見学
群馬:草津温泉の湯畑と伊香保温泉の石段と泉質の異なる温泉体験
北関東:ひたち海浜公園のネモフィラや、大谷石の見学
房総:太平洋での海釣り体験
日光:3猿との出会いや江戸村(イメージ)での忍者との遭遇

ぜひ一度ご来島いただき、楽しみながら次回の旅先候補を見つけるきっかけにしていただきたいと考えています。

■JTB若手社員が「JTB島」を作成するに至った経緯
昨年から続くコロナ禍で、なかなか旅行には出かけられず、JTBに旅行相談にご来店されるお客様も少なくなりました。私たちは実際に旅に出かけることが難しくても、なんとかお客様にご旅行気分を味わっていただけないかと真剣に考えました。
そんな中、JTBの若手社員がオンラインゲーム「あつまれどうぶつの森」で”JTBがプロデュースする夢の観光島”を「JTB島」と称し、おうち時間でも旅の疑似体験をお客様に提供することができるのではないかとスタートさせたのがこのプロジェクトです。

■島を作る上で工夫したポイント
ポイント1.島を訪れた方に、現実の観光地の雰囲気をいかに忠実に感じ取っていただけるかということを考えて作りました。最も苦労したのは、ひたち海浜公園のネモフィラ畑を再現したエリアです。ネモフィラを模した青い花はゲームを普通にプレイするだけでは咲かないため、花同士を地道に交配することで、増やしていきました。結果として、JTB島内でも特に「映え」スポットになったのではないかと自負しています!
ポイント2.いかにあつ森に存在する素材を使って現実の観光地に近づけることができるかを工夫しました。特に島の中心に位置する浅草エリアは、16個の屋台を使って仲見世商店街を再現し、門をくぐって進んだ先に見えてくる浅草寺は段差やマイデザインパネルを使って立体感を出すなど、再現度の高いスポットにできたと思います。

■今後の展開
今回はそれぞれの場所で夏の季節をイメージした設定としましたが、今後は季節毎に変わる各エリアの風景や雰囲気の違いを楽しんでいただけるようなデザインの刷新、また、ご好評をいただけた暁には他の地域やテーマを設けたエリア設定など、第二・第三のJTB島の作成も検討していく予定です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む