暮らしに必要なものは無印良品で何でもそろう。13年間無印良品で商品開発をしていた人だから知っている、本当にオトクで便利な商品とは!?

株式会社扶桑社

無印良品で13年にわたり商品開発を担当し、500点以上の生活雑貨を担当した水谷妙子さん。
2011年に東日本大震災が発生した際、都内の本社で一晩を過ごしたそうですが、生活雑貨チームからマットレスやシーツ、衣服チームからパジャマ、食品チームからカレーとさまざまなものが配布され、「すごいな無印良品、何でもそろっている!」と実感。
現在は、独立して整理収納アドバイザーとして活躍する水谷さんですが、コロナ禍にライフスタイルが変わるなかで無印良品を訪れた際に、「これまで見過ごしてきた商品も、今なら役に立つかもしれない」と前向きな気持ちになれたとのことです。
暮らし全体を見渡して「何か変えたいな」と思ったときは、身近にあって何でもそろう無印良品を活用してみるのはいかがでしょうか。


扶桑社から発売中の『無印良品ではじめる新しい習慣』では水谷さんが実際に使っている商品182点とその活用法を掲載しています。コロナ禍でもより快適で、豊かな生活を送るために著者が見直した暮らし方を紹介。
今回は本書で紹介している商品の一部をお見せします!


家族も掃除をするようになった!卓上ほうき(ちりとり付き)


サッと使えて、気になるところをすぐにお掃除
少しのスペースがあれば、目立たずにしまっておける
ちりとりにほうきが収まる省スペース設計で、4cmの隙間があれば収納可能!
ポリプロピレンと馬毛の混毛は、ごみが飛び散りにくく、しっかりかき集めてくれます。
お値段も390円(税込)とリーズナブル!
水谷さんのおうちではテーブルのすぐそばに、このほうきを置いたところ、家族もこまめに掃除をするようになったそうです。



キッチン、冷蔵庫でも、洗面所でも使えるポリプロピレンメイクボックス


透明で中が見えるので、小物を入れても探す手間が省ける
野菜を立てて収納
散らかりがちな引き出しもすっきり整理整頓
様々な種類のポリプロピレンメイクボックス(税込120~350円)を組み合わせて収納すれば、「何がどこにあるのか」が一目瞭然。
ものが多くなりがちな場所もきれいな印象を保つことができます。

本書では、ほかにもテレワークや防災、子どものおもちゃの収納に使える魅力的な無印良品の商品を幅広く取り扱っています!
整理整頓でテレワークの効率アップ!
引き出しをPCの台として活用も


持ち出しセット(税込3,990円)1個で防災の必需品がそろう
無印良品のケースを活用すれば子どものおもちゃも散らからない



著者プロフィール

水谷妙子(みずたに・たえこ)


整理収納アドバイザー1級。夫、長女(8歳)、長男(6歳)、二男(4歳)と暮らす。
武蔵野美術大学デザイン情報学科卒業後、無印良品で13年にわたり、500点を超える
生活雑貨の商品開発を担当。現在は雑誌やテレビでの情報発信、商品開発などを行っている。
ホームページ taekomizutani.com
Instagram @monotokazoku



書誌情報

タイトル:『無印良品ではじめる新しい習慣』
著者:水谷妙子
発売日:2021年7月14日
出版社:扶桑社
判型:A5判
定価:1,650円(本体1,500円+税)
ISBN:978-4-594-08873-6


購入リンク

Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4594088732
楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16794116/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む