医療用セラミック市場ー材料の種類別(バイオイナート、バイオアクティブ、生体吸収性、圧電セラミック)、用途別、および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.
SDKI Inc.が「医療用セラミック市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年07月15日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-109310



医療用セラミック市場は、2022年に184.5億米ドルの市場価値から、2030年までに288.6億米ドルに達すると推定され、予測期間中に6.6%のCAGRで成長すると予想されています。

新しい医療用セラミックの開発のための研究活動の増加、および形成外科および創傷治癒用途における医療用セラミックの需要の増加は、この市場の成長を推進する主な要因です。また、股関節および膝関節置換術の数の増加、および埋め込み型デバイスの需要の増加も市場の成長を推進すると予想されます。さらに、歯科インプラント、心臓血管インプラント、整形外科インプラント、および医療画像機器を含む医療処置の数の増加は、この市場の主要な推進力の1つです。この増加する医療処置の数は、低侵襲医療処置に対する需要の高まり、治療および診断医療処置の有効性を高める革新的な製品の導入、および世界中の医療インフラストラクチャの絶え間ない改善などの要因の結果です。世界の医療用セラミック市場の他の推進要因には、心血管疾患、整形外科疾患、歯科疾患の発生率の上昇、および高齢者人口の世界的な基盤の拡大が含まれます。

しかし、厳格な臨床および規制プロセス、および米国の不利な医療制度改革などの要因は、この市場の成長を抑制すると予想されます。

市場セグメント

医療用セラミック市場は、材料の種類別(バイオイナート(ジルコニア、アルミナ)、バイオアクティブ(ヒドロキシアパタイト、ガラスセラミック)、生体吸収性、圧電セラミック)、用途別(歯科、整形外科、心臓血管、形成外科)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

バイオイナートセラミックセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予測されています。

材料の種類に基づいて、世界の医療用セラミック市場は、バイオイナートセラミック、バイオアクティブセラミック、生体吸収性セラミック、および圧電セラミックに分割されます。バイオイナートセラミックセグメントは、予測期間中に最高の速度で成長すると予想されます。バイオイナートセラミックは、高い破壊靭性、低い熱伝導率、優れた耐摩耗性と耐食性、および非常に高い曲げ強度と引張強度を示します。他の金属合金と比較して硬度が高いため、バイオイナートセラミックは整形外科および歯科業界で広く使用されています。これにより、このセグメントの成長が牽引すると予想されます。

形成外科セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予測されます。

アプリケーションに基づいて、医療用セラミック市場は、歯科アプリケーション、整形外科アプリケーション、心臓血管アプリケーション、手術器具、診断機器、形成外科、およびその他のアプリケーション(癌、透析、薬物送達システム、および遺伝子治療)に分割されます。形成外科セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。このセグメントの高い成長は、高齢者の増加、美容整形に対する肯定的な一般の認識、および技術の進歩に起因する可能性があります。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域は、2022ー2030年の予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。日本のヘルスケア産業の成長、中国の儲かる医療機器産業、および中国の有利な税制などの要因が、予測期間中にこの地域の市場の成長を促進すると予想されます。また、中国とインドでの高齢化人口の増加、およびインドでの美容整形手術の数の増加も、この地域の市場成長を後押ししています。さらに、インドでのCVDの発生率の高さ、およびオーストラリアでの股関節および膝関節置換術の量の増加も、APAC地域の医療用セラミック市場の成長を牽引すると予想されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

市場の主要なキープレーヤー

医療用セラミック市場の主要なキープレーヤーには、CoorsTek(米国)、CeramTec(ドイツ)、Kyocera(日本)、Morgan Advance Material(英国)、NGK Spark Plug(日本)、DePuy Synthes(米国)、Zimmer Biomet(米国)、Rauschert(ドイツ)、Straumann(スイス) 、HC Stark(ドイツ)、3M(米国)、DSM(オランダ)などがあります。この調査には、医療用セラミック市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/medical-ceramics-market/109310

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む