マネージドアプリケーションサービス市場ーサービス別(運用サービスなど)、アプリケーションタイプ別、組織規模別、業種別、および地域別ーグローバル予測2030年

SDKI Inc.
SDKI Inc.が「マネージドアプリケーションサービス市場ーグローバル予測2030年」の新調査レポートを2021年07月14日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2018ー2023年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-109380



マネージドアプリケーションサービス市場は、2022年に55.4億米ドルの市場価値から、2030年までに228.0億米ドルに達すると推定され、予測期間中に22.4%のCAGRで成長すると予想されています。

エンドツーエンドのアプリケーションホスティングサービスに対する需要の高まり、およびアプリケーションインフラストラクチャの高度化は、マネージドアプリケーションサービス市場の成長を推進する主な要因です。また、マネージドアプリケーションサービスは、大規模なIT展開などの困難な状況下で企業が効率的に運用するのに役立ちます。さらに、マネージドアプリケーションサービスにより、IT組織はアウトソーシングの経験を積み、将来、より広範なアウトソーシング戦略の実装を支援できます。マネージドアプリケーションサービスは、世界クラスの金融商品およびサービスを設計しており、クライアントに提供するのに役立ちます。これは、マネージドアプリケーションサービス市場の成長を後押しすることが期待されます。

しかし、アプリケーションデータのセキュリティに対する懸念、およびサードパーティのサービスプロバイダーに対する信頼の欠如により、市場の成長が制限される可能性があります。

市場セグメント

マネージドアプリケーションサービス市場は、サービス別(運用サービス、アプリケーションインフラストラクチャとサービスデスク、アプリケーションセキュリティ、ディザスタリカバリとホスティング)、アプリケーションタイプ別(Webベース、モバイル)、組織規模別(中小企業(SME)、大企業)、業種別(政府、BFSI、電気通信・IT、ヘルスケア・ライフサイエンス、小売・電子商取引、製造、エネルギー・公益事業、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

運用サービスセグメントは、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されます。

サービスに基づいて、運用サービスセグメントは予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されます。組織がビジネスアプリケーションを円滑に実行することが重要であります。運用サービスは、すべての重要なビジネスアプリケーションの全体的なパフォーマンスと運用を担当します。さらに、組織のアプリケーションのわずかなダウンタイムは、大きな損失につながる可能性があります。したがって、世界中の組織が運用サービスに多額の投資を行っています。これにより、このセグメントの成長が牽引すると予想されます。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋(APAC)は、APACのほとんどの企業がモバイルアプリケーションの広範な採用を奨励しているため、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。さらに、この地域は、IT予算とITスタッフが限られている多数の中小企業で構成されています。この地域の政府はまた、予測期間中にマネージドアプリケーションサービス市場の成長に拍車をかけるより良い市民サービスを提供するためにモバイルファースト戦略を採用しています。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

市場の主要なキープレーヤー

マネージドアプリケーションサービス市場の主要なキープレーヤーには、BMC Software(米国)、CenturyLink(米国)、Fujitsu(日本)、HCL(インド)、IBM(米国)、SMS Management&Technology(オーストラリア)、Unisys(米国)、Virtustream(米国)、Wipro(インド)、YASH Technologies(米国)、Mindtree(インド)、Navisite(米国)などがあります。この調査には、マネージドアプリケーションサービス市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/managed-application-services-market/109380

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む