『屋外での楽しみ方に関するアンケート調査』コロナ禍で2人に1人が「普段家の中でやるようなことを屋外で楽しむようになった」

CCC マーケティングカンパニー
屋外で楽しんでいること 1位「飲食」 2位「映画・動画を見る」 3位「音楽を聴く」

~屋外で楽しむ理由は「リフレッシュをしたいから」、最も多い行先は「大きな公園」~


CCCマーケティング株式会社は、18~69歳の男女2,943名に、インターネット上での意識調査「Tアンケート」によって、『屋外での楽しみ方に関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいたします。


屋外での楽しみ方に関するアンケート調査ダイジェスト

●コロナ禍で普段家の中でやるようなことを屋外で楽しむようになった人は53.1%
屋外で楽しむ理由は? 1位「リフレッシュをしたいから」 2位「新鮮な空気を吸いたいから」 3位「癒されたいから」

●屋外で楽しんでいることは? 1位「飲食」 2位「映画・動画を見る」 3位「音楽を聴く」
何を持っていく? 1位「水筒・飲み物」 2位「帽子」 3位「日焼け止め」 チェアリング派は1割

●屋外で楽しむためによく行く場所と移動手段は? ベランピング派は3割
よく行く場所は? 1位「大きな公園」 2位「自宅のベランダ」 3位「小さな公園」
移動手段は? 1位「徒歩」 2位「車(自家用車)」 3位「自転車」

●専業主婦は、リフレッシュするために家族と一緒に、自宅のベランダや庭で飲食を楽しむ
学生は、リフレッシュするために、イヤフォンをもって歩いて小さな公園に行き、一人で音楽を聴く
営業職の会社員は、リフレッシュするために、自宅の庭で、飲み物片手に一人でボーっとする






コロナ禍で普段家の中でやるようなことを屋外で楽しむようになった人は53.1%
屋外で楽しむ理由は? 1位「リフレッシュをしたいから」 2位「新鮮な空気を吸いたいから」 3位「癒されたいから」


先日、7月12日から8月22日まで、東京都で4度目の緊急事態宣言が発令され、一部地域では引き続き外出自粛の生活が続くことが想定されています。そこで今回のTアンケートでは、普段家の中でやるようなことを、コロナ禍では屋外で楽しむ人が増えたかどうかをはかるため、18~69歳の男女2,943名を対象に、「屋外での楽しみ方」に関するアンケートを実施いたしました。
まず、新型コロナウイルスの感染拡大以降、普段家の中でやるようなことを屋外で楽しんでいるかどうかを聞いたところ、半数を超える53.1%が屋外で楽しんでいるとの結果となり、コロナ禍で新たな屋外での楽しみ方が増えている兆しが見てとれました。また、「屋外で楽しんでいる」と回答をした人にその理由を聞いたところ、最も多かった回答は「リフレッシュをしたいから」(57.8%)、続いて「新鮮な空気を吸いたいから」(38.3%)、「癒されたいから」(28.3%)、「自然や非日常の風景を楽しみたいから」(27.9%)、「家にいることが多くなったから」(26.8%)となり、外出自粛による窮屈で息苦しい状況を少しでも解消するために、敢えて外で楽しんでいる様子が伺える結果となりました。





屋外で楽しんでいることは? 1位「飲食」 2位「映画・動画を見る」 3位「音楽を聴く」
何を持っていく? 1位「水筒・飲み物」 2位「帽子」 3位「日焼け止め」 チェアリング派は1割


続いて、普段家の中でやっていることの中で具体的には何を屋外で楽しんでいるのかを聞いたところ、1位は「飲食」(40.0%)、続いて「映画・動画を見る」(34.5%)、「音楽を聴く」(33.7%)、「ボーっとする」(33.6%)、「昼寝・睡眠」(28.8%)となり、外でアクティブに過ごすというよりも、息抜きとしてゆっくりしながら空の下でのんびり楽しんでいることが分かりました。また、屋外で楽しむ際に、楽しむことに必要なもの以外に持っていくものが何であるかを聞いたところ、最も多かったものは「水筒・飲み物」(56.2%)、続いて「帽子」(36.7%)、「日焼け止め」(33.8%)、「イヤフォン」(32.5%)、「虫よけスプレー」(26.2%)となり、季節柄、日焼け対策グッズを持参する人が多いことが伺えました。アウトドア用の椅子だけを持って外でゆっくりと過ごすライフスタイル「チェアリング」を楽しんでいる人は1割に留まりました。






屋外で楽しむためによく行く場所と移動手段は? ベランピング派は3割
よく行く場所は? 1位「大きな公園」 2位「自宅のベランダ」 3位「小さな公園」
移動手段は? 1位「徒歩」 2位「車(自家用車)」 3位「自転車」


続いて、屋外で楽しむためにどこへ行くことが多いかを聞いたところ、1位は「大きな公園」(27.6%)、続いて「自宅のベランダ」(27.2%)、「小さな公園」(27.0%)、「自宅の庭」(24.9%)、「河川敷」(15.4%)との結果となり、公園や自宅のベランダ・庭といった普段から親しみのある近場で楽しんでいることが見てとれました。また自宅のベランダにアウトドア空間を作り、ゆったりと過ごすライフスタイル「ベランピング」を楽しんでいる人は3割との結果となりました。続いて、屋外で楽しむときの移動手段として最もよく使うものを聞いたところ、1位は「徒歩」(45.0%)、続いて「車(自家用車)」(30.6%)、「自転車」(17.9%)となり、そこまで遠出はせずに徒歩で行ける圏内が好まれていることが分かりました。





専業主婦は、リフレッシュするために家族と一緒に、自宅のベランダや庭で飲食を楽しむ
学生は、リフレッシュするために、イヤフォンをもって歩いて小さな公園に行き、一人で音楽を聴く
営業職の会社員は、リフレッシュするために、自宅の庭で、飲み物片手に一人でボーっとする


最後に、屋外での楽しみ方のアンケート結果を、職業別で集計し、回答の傾向からモデル像を描いてみました。




■調査概要
調査方法:インターネット (Tアンケート)
調査期間:2021年6月25日(金)~6月29日(火)
調査地域:全国
調査対象:18~69歳の男女(T会員)
サンプル数:2,943名
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む