「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」本日オープン!~渋谷駅東口エリアに新たな賑わいや憩いの屋外空間が誕生しました~

東急
本日2021年7月15日(木)、渋谷ヒカリエの北側、東京メトロ銀座線線路の上部に位置する歩行者デッキ「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」(以下、ヒカリエデッキ)がオープンしました。キッチンカーの出店、ムービングライトによる光と音の演出も開始します。ヒカリエデッキを経由することで、渋谷駅から宮益坂上までスムーズに移動できるようになり、渋谷駅東口エリアの歩行者ネットワークが拡充され、回遊性・利便性が向上します。



本日2021年7月15日(木)、渋谷ヒカリエの北側、東京メトロ銀座線線路の上部に位置する歩行者デッキ「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」(以下、ヒカリエデッキ)がオープンしました。キッチンカーの出店、ムービングライトによる光と音の演出も開始します。ヒカリエデッキを経由することで、渋谷駅から宮益坂上までスムーズに移動できるようになり、渋谷駅東口エリアの歩行者ネットワークが拡充され、回遊性・利便性が向上します。

オープンにあたって実施されたテープカットイベントでは関係者10名、一般のお客さま50組75名の計85名で、ヒカリエデッキの東西約190メートルの長さを活かし、ソーシャルディスタンスをとった約140メートルのテープカットを行いました。イベントで、渋谷ヒカリエ総支配人 佐野 真一は、「渋谷ヒカリエは、2012年の開業以来、多くの皆さまにご愛顧いただき、今日を迎えることができました。ヒカリエデッキは、渋谷のまちに、世界に、そして未来につながる第一歩。お客さま、スタッフ、渋谷駅や地元の皆さまの多大なるご理解とご支援をもって本日ヒカリエデッキの完成を迎えることができたことに、厚く御礼、感謝を申し上げます。」と挨拶しました。

ヒカリエデッキは、渋谷ヒカリエの3階および4階に面し、宮益坂と並行して整備された歩行者デッキです。歩行者デッキとしての使用に限らず、キッチンカーの出店やイベントスペースとしての活用、ムービングライトによる光と音の演出により賑わいを創出します。加えて、季節を感じられる植栽やベンチなど、まちに開かれた憩いの場としての機能も果たし、新たなパブリックスペースとして、渋谷駅周辺の更なる魅力


向上に寄与していきます。

なお、本日から7月18日(日)までの4日間開催するオープニングイベントは、緊急事態宣言発令を踏まえ、新型コロナウイルス感染防止対策の強化および一部内容を変更して実施いたします。オープニングイベントの最新情報は渋谷ヒカリエホームページ(https://www.hikarie.jp/event/detail.html?id=6378)よりご確認ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む