企業間連携「生きる力」をはぐくむ 講師派遣授業プログラム 第1弾神奈川県の小学校でパーソルキャリア・トレンドマイクロが合同開催

パーソルキャリア株式会社
~「はたらく」を考えるワークショップ&デジタルセカイの歩き方 ~

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎、以下パーソルキャリア)は、トレンドマイクロ株式会社と共に、小・中学校を対象とした企業間連携「生きる力」をはぐくむ講師派遣授業プログラム 第1弾を神奈川県横浜市立 南舞岡小学校で合同開催しましたので、お知らせします。






企業間連携「生きる力」をはぐくむ 講師派遣授業プログラム

企業間連携「生きる力」をはぐくむ 講師派遣授業プログラムは、パーソルキャリアが行っているキャリア教育支援活動「小・中学校向け “はたらく”を考えるワークショップ」を中心に、さまざまな企業が取り組んでいる小中学校向けの講師派遣事業プログラムを組み合わせ、多種多様な企業で“はたらく“人々とその仕事にも触れながら、横断的に「子どもたちの生きる力をはぐくむ」ことを目的にした課外授業プログラムです。

その第1弾となる今回は、小中学生を対象に「ITリテラリー・メディアリテラシー」を高める活動を推進しているトレンドマイクロ株式会社と小学校向けのワークショップを合同で開催し、キャリア教育とIT・メディアリテラシー教育を通じて、これからの時代を生きていくうえで必要となる「自ら情報を収集し、考え、判断し、行動できる力」をはぐくむ支援を行いました。

今後、パーソルキャリアでは、環境教育、食育、消費者・金融教育など、子どもたちの「生きる力」をはぐくむことに取り組んでいるさまざまな業種・業界の企業と連携しながら、これからの社会が、どんなに予測困難であっても、自ら学び、考え、判断し、行動できる基礎力をはぐくむ支援をしてまいります。


学習指導要綱生きる力」とは  https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/



平成20年(2008年)3月に改訂された小・中学校の学習指導要領において、子どもたちの現状をふまえ、「生きる力」をはぐくむという理念が打ち出されました。
平成29・30・31年改訂学習指導要領でもその理念は受け継がれ、変化の激しいこれからの社会を生きるために、「基礎的な知識・技能を習得し、それらを活用して、自ら考え、判断し、表現することにより、さまざまな問題に積極的に対応し、解決する力」、「自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性」、「たくましく生きるための健康や体力」 など、確かな学力、豊かな人間性、健康・体力の知・徳・体をバランスよく育てることを目指すことが謳われています。



企業間連携 「生きる力」をはぐくむ 講師派遣授業プログラム 第1弾 概要

企画・運営:パーソルキャリア株式会社・トレンドマイクロ株式会社
実施校:神奈川県横浜市立 南舞岡小学校
協力:キャリアオーナーシップ リビングラボ  < https://co-livinglab.persol-career.co.jp/

実施プログラム:
1.中学校向け “はたらく”を考えるワークショップ」(パーソルキャリア)
「“はたらく”を考えるワークショップ」は、小学4年生から中学3年生を対象にしたキャリア教育プログラムです。日々さまざまな人や企業の「はたらく」に向き合い続けるパーソルキャリアのキャリアアドバイザーらが講師を務め、現場で培った経験・知識をもとに、自ら主体的に判断しキャリアを形成していく力を養う授業を行っています。
2018年のワークショップ開始以来、全国延べ22校、2,194名の子どもたち(※2020年12月時点)に授業を提供しています。
■「小・中学校向け “はたらく”を考えるワークショップ」紹介サイト:
https://www.persol-career.co.jp/service/contents/career-workshop/

2.「デジタルセカイの歩き方 ワークショップ」(トレンドマイクロ)
「デジタルセカイの歩き方」は、安全で健全なデジタルライフを目指して、トレンドマイクロが小中学生や保護者に向けて実施している「トレンドマイクロ 親子ワークショップ」のプログラムの1つです。
ネットやスマホ利用に潜む脅威やネットモラルを始め、SNS利用やメディアリテラシーなど、デジタルライフに関するさまざまなことを子どもたち自身が考え、判断する力を養うものです。
今回は、実施校と相談し、各学年の状況に合わせ、SNSを通じた情報発信やデジタルデバイスとの健康的な付き合い方、インターネットセキュリティに関して、授業を提供しました。
「トレンドマイクロ 親子ワークショップ」では、小中学校での授業に加え、学習塾やプログラミング教室と連携し、保護者向け講習会や親子で参加するワークショップイベントなども提供しています。
■「トレンドマイクロ親子ワークショップ」紹介サイト:
https://www.facebook.com/TrendmicroJP.workshop/


各プログラム責任者のコメント

「小学校向け “はたらく”を考えるワークショップ」責任者
パーソルキャリア株式会社 ミッション推進部 キャリア教育推進グループ 竜田 遼(たつた りょう)
 ITリテラシーやデジタル活用はこれからを生きる子ども達にとって、必要不可欠なものとなっていきます。そのメリットや良い面を知るだけではなく、危険も知ったうえで、子どもたちが自分自身で判断をしながら活用していく力を身につけていくことができると考え、今回はトレンドマイクロ株式会社と共同で授業を実施しました。
 また、新型コロナウイルス感染拡大の影響での就業体験や校外学習の中止を先生や教育関係者の皆様から伺い、子どもたちにできる限り多くの大人と接し、多様性を身につけていく機会を提供していきたいと考えております。今後は、「生きる力」をはぐくむ上で、さまざまな専門性を持つ企業様との連携授業の開催を進めてまいります。


「トレンドマイクロ 親子ワークショップ」責任者 
トレンドマイクロ株式会社 コンシューママーケティング本部 マーケティングマネジメント部 丸尾 周平(まるお しゅうへい)
 「トレンドマイクロ 親子ワークショップ」は、「デジタル活用を楽しんで学ぶ」をテーマに、2017年12月からワークショップイベントの開催や情報発信を行っています。
デジタルセカイの危険を伝えるだけでなく、プログラミングを始めとした、デジタルを用いた創造表現を体験しながら、デジタルセカイを安全に歩くために必要な考え方を、親子で一緒に学んでほしいという想いから始まりました。
有効なデジタル活用の方法や危険を知った上で、判断し行動する考え方を身に付けることは、子どもたちが将来の社会で活躍する際に大切なことだと考えています。
キャリア教育と連携することで、子どもたちが将来を自分で切り開いていく力を持つ、一助となれば幸いです。


企業間連携 「生きる力」をはぐくむ 講師派遣授業プログラム及び「小中学校向け “はたらく”を考えるワークショップ」に関する教育機関・企業からのお問い合わせについて

企業間連携 「生きる力」をはぐくむ 講師派遣授業プログラムにご興味のある小中学校ならびに企業の方は、「小・中学校向け “はたらく”を考えるワークショップ」紹介サイトにある「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、授業はソーシャルディスタンスを確保のうえ、各学校のご希望に応じて対面またはオンラインで実施します(2021年7月現在)。

中学校向け “はたらく”を考えるワークショップ」紹介サイト「お問い合わせフォーム」
https://www.persol-career.co.jp/service/contents/career-workshop/


■トレンドマイクロ株式会社について< https://www.trendmicro.com/ja_jp/about.html
 トレンドマイクロはサイバーセキュリティのグローバルリーダーとしてデジタルインフォメーションを安全に交換できる世界の実現に貢献しています。法人組織や個人のお客様向けのセキュリティ製品・サービスを開発・提供するとともに、FBIやインターポールなどの法執行機関や国際組織と連携し、社会に潜むサイバー犯罪の撲滅を推進しています。

■パーソルキャリア株式会社について< https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる持続可能な社会の実現に貢献していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む