【鉄のメスティン】焼く・煮る・揚げる...アウトドアでその気にさせる!タフな鉄工マルチクッカー『深皿ソロ鉄板』

きびだんご株式会社
2021年7月26日(月)まで「Kibidango」にて支援受付中


きびだんご株式会社(本社:東京都新宿区)は、同社が運営するクラウドファンディングサービス「Kibidango」にて、「メスティンに代わる!【マルチ鉄工クッカー】」の商品化に向けたプロジェクトを期間限定で開催中です。



こちらのクラウドファンディングプロジェクトは、既に目標金額の収集に成功し、製品の量産販売が決定しています。2021年7月19日(月)時点で支援総額は370万円を突破、達成率は驚異の3700%越えとなっており、7月26日(月)23:59まで「Kibidango」(https://kibidango.com/)にて引き続き支援を受付中です。

【深皿ソロ鉄板】は、焼く・煮る・蒸す・揚げるなど、ほぼ全ての調理法を網羅できる、極厚鉄板で作られたマルチクッカーです。お互いをぴったり重ねられる「深パン」と「皿パン」はリバーシブル に使えるので、皿パンで焼く極厚ステーキには深パンを被せてグリル。煮込み料理は深パンに皿パンのフタをして。それを「小さな鉄の竈」として焚き火にくべて、ダッチオーブンのように使う楽しみも。さらに、コンロやIHにも対応しているため、アウトドア だけでなく、お家クッキングの日常で便利に使えます。付属のリバーシブル2way木柄ハンドルと合わせた総重量は約1.2kg。

【商品詳細URL】https://kibi.co/asobito

★特徴サマリー

メスティンに代わる「極厚鉄板」クッカー
ダッチオーブンのように使える
職人技が生み出すエッジーな造作


・メスティンに代わる「極厚鉄板」クッカー



アルミ製のメスティンでは、真っ黒にススけてしまう焚き火料理 など気が引けてしまいますが、使い込むほどに黒光りしていく「極厚鉄板」なら遠慮なく扱えて、へこんだりすることもありません。

・ダッチオーブンのように使える



お互いをぴったり重ねられる「深パン」と「皿パン」はリバーシブルに使える“小さな鉄の竈”。そのまま焚火や炭火に突っ込んでおけば、グリルや煮込み料理の出来上がり。

・職人技が生み出すエッジーな造作



プレスでは絞り切れない角の立ったシャープで無骨なシェイプは「切断・曲げ・溶接」職人技から生み出されます。溶接ビードもそのままデザインとして、あえて残しました。

<商品仕様>
●深パン-黒皮鉄板を台形に溶接した角張った無骨なデザイン-

・厚さ2.3mm/開口166×126mm/底130×90mm/深さ43mm
・重量:約650g

●皿パン-厚さ3.2mm黒皮鉄板の曲げで生じる四角の歪ウェーブが美しいデザイン-

・四方曲げ160×120mm/曲シロ18mm
・重量:約476g

●収納キンチャク袋 付き

●価格
・ソロ皿パン t3.2mm:¥3,900
・ソロ深パン t2.3mm:¥5,900
・深皿ソロ鉄板セット★10月お届けご勘弁★ 15%OFF:¥8,300
・深皿ソロ鉄板セット★8月末お待たせ★ 10%OFF:¥8,800

※価格はすべて送料・税込み
※プロジェクト終了後はKibidango公式オンラインストア(https://store.kibidango.com/)にて継続販売予定

■Kibidangoのプラットフォーム事業について
「この世にないモノをつくりたい」「こんなコトを実現したい」そんなアイデアを持ったプロジェクトオーナー(プロジェクト開催者)とサポーターの出会いの場を提供しています。経験豊富なきびだんごの担当スタッフが夢の実現へ向けてしっかりとサポートします。
「Kibidango(きびだんご)」https://kibidango.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む