デジタル時代のスマートファクトリー化に向けた製造IoT実現のススメ

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
”現場のデータ”を”活用可能な情報”に変える情報革新の処方箋

パナソニック インフォメーションシステムズは9月3日(金)に製造IoT実現にフォーカスしたオンラインセミナーを開催いたします。 製造業を取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。 IoTやAIなどから得られるビッグデータを上手く活用し、より効率的な製造IoTへの進化が求められています。 しかし、どのように進めるべきなのか?そしてその成果は?と悩まれている製造業の方々向けに、 本セミナーでは製造IoT実現に向けた具体的な方策をご紹介いたします。



>>詳細・お申込み
https://event.is-c.panasonic.co.jp/public/seminar/view/3869




<内容>
【セッション1】
デジタル時代の製造IoTへの取り組み
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

デジタルデータの活用による業務プロセス改革や品質・生産性向上・・・製造業を取り巻く環境変化に遅れを取っていませんか︖
今、現場では「生産設備の稼働状況や製造実績データの可視化をしたい」「記録したカメラ映像を活用したい」「工場の電力などのエネルギー管理を行いたい」などの声が挙がっています。
このようなご要望について実際にどんな取り組みがなされているのか、
本セッションでは今後の貴社活動のヒントになる製造業における情報活用の最前線をご紹介します。


【セッション2】
ノーコードではじめる製造現場のDXとは
アステリア株式会社

工場、倉庫、施設といった様々な製造現場において、紙、FAX、電話など多くのアナログ業務が残っておりませんか?
DX推進の前提はアナログ業務から脱却し、業務をデジタル化することとなります。
ただDX推進に伴い、人材の問題、道具の問題、費用の問題といった課題が上げられます。
本セッションではノーコードをキーワードに現場業務のデジタル化や業務プロセスの改善を低価格で実現できるソリューションをご紹介させていただきます。


※講師、内容は変更となる場合があります。予めご了承ください。
※同業者様のお申込みはお断りします。予めご了承ください。

>>詳細・お申込み
https://event.is-c.panasonic.co.jp/public/seminar/view/3869
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む