さとふる、地域と寄付者がつながるオンラインコミュニティ「ふるさと応援サロン2021<九州の自然を満喫!編>」開催決定

株式会社さとふる
~熊本県小国町、鹿児島県奄美市を応援するメンバーを募集~

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)を運営する株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、オンライン上で自治体・事業者・寄付者が交流できるコミュニティ「ふるさと応援サロン2021<九州の自然を満喫!編>」を実施します。7月16日より熊本県小国町、鹿児島県奄美市を応援するメンバーを募集します。


■イメージ


特設サイトURL:https://www.satofull.jp/static/special/oen_salon.php

今回は、「ふるさと応援サロン2021<九州の自然を満喫!編>」と題し、自然豊かな九州の2自治体が参加します。町の78%を森林が占める緑に囲まれ農林業が盛んな熊本県小国町は、人気の観光スポット「鍋ヶ滝」からの中継や、ご自宅で特産の「小国杉」を楽しめるワークショップを予定しています。奄美群島の中核都市で2021年7月に世界自然遺産の登録が見込まれる鹿児島県奄美市では、奄美大島の森を体感できるジオラマを展示する奄美市立奄美博物館からの中継や、南国フルーツ「島バナナ」をお楽しみいただけます。

■「ふるさと応援サロン」とは
「ふるさと応援サロン」は、地域のファン創りを目的に「さとふる」が2020年に開始したオンラインコミュニティです。新型コロナウイルス感染拡大の影響で地域へ直接足を運ぶ機会が制限されるなか、離れた場所でも自治体・事業者・寄付者の三者が交流できるサロンです。参加メンバーは、オンラインイベントへの参加や事前に送付された地域の特産品(サンプル品)を通して、自宅にいながら地域を訪れたときと同じように地域の方との交流や、地域の魅力を楽しむことがでます。

2020年の「ふるさと応援サロン」では参加した自治体・事業者・寄付者の94%が「次回も参加したい」と回答(※)。コロナ禍においても地域や特産品の魅力を発信したい自治体・事業者と、地域を応援したい寄付者がつながり交流する、両者で満足度の高い活動になりました。2020年の様子は「ふるさと応援サロン 2020年イベントレポート」(https://www.satofull.jp/static/special/oen_report_yamaka.php)よりご覧いただけます。
※ 2020年「ふるさと応援サロン」実施後アンケートより。

株式会社さとふるは、今後もさまざまな取り組みを通じて地域の生産者や自治体に寄り添いながら、地域活性化を推進します。

■参加自治体コメント・特産品(サンプル品)紹介


熊本県小国町


小国町 政策課 まちづくり係 宇都宮雪月さん
熊本県小国町は、九州の真ん中、熊本県の最北端にあり町の78%を森林が占める緑に囲まれた自然豊かな町です。豊かな自然を活かした農林業が盛んで、特産の「小国杉」は強度に優れ町内のさまざまな施設に使用されています。それだけでなく、椅子や机、ボールぺンやクリアファイルなど身近なものにも使用され親しまれています。
今回のオンラインイベントでは、小国町の観光スポットはもちろん、その小国杉を使用した木工製品を製作している「かける木工舎」さんと一緒に、小国町について紹介します。木工職人さんからお話を聞ける貴重な機会ですので、この機会に小国町についてもっと知っていただき、身近に感じていただければと思います。皆さまのご参加をお待ちしております!

お届けする特産品(サンプル品)
・小国杉木工ワークショップキット(スプーン)
・小国郷産 米 あきげしき 2kg
特産品(サンプル品)イメージ



鹿児島県奄美市


左:奄美市 プロジェクト推進課 ふるさと政策係 高槻真由美さん、右:奄美市立奄美博物館学芸員 平城達哉さん
鹿児島県奄美市は、鹿児島から南へおよそ380kmに位置した奄美群島の中核都市です。2021年7月、本市を含む「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」は世界自然遺産への登録が見込まれています。
この地域は約1,200万年前ユーラシア大陸の一部でしたが、地殻変動で大陸から分断され、大陸では絶滅した固有種や独自の進化を遂げた多様な生き物が数多く生息していて、その「生物多様性」が評価されています。
今回のオンラインイベントでは、世界自然遺産推薦地である奄美大島の森を体感できるジオラマを展示している奄美博物館からの中継や、ほんのり酸味があり濃厚な味わいの南国フルーツ「島バナナ」の紹介など本市の魅力をたっぷりお届けします!ぜひご参加ください。

お届けする特産品(サンプル品)
・島バナナ 約800g
・凪屋 かりんとう
・栄食品 ミキ
特産品(サンプル品)イメージ

■「ふるさと応援サロン2021<九州の自然を満喫!編>」概要
・実施時期:メンバー決定後~2021年8月下旬まで
・参加自治体:熊本県小国町、鹿児島県奄美市
・オンラインイベント実施日
 熊本県小国町:8月21日(土)13:30~14:30
 鹿児島県奄美市:8月16日(月)15:00~16:00
・参加メンバー応募期間:2021年7月16日(金)~2021年7月29日(木)
・参加費:無料
・定員:10~30組(1組あたり1~5名、家族参加歓迎)
・応募フォームURL:https://entryinfo.jp/form/pub/formcp/satofullcp-oubo
※ 詳細の応募要項は上記応募フォームよりご確認ください。
※ 参加は事前申込制です。応募者多数の場合は抽選となり、応募期間終了前に締め切る可能性があります。
※ 参加メンバーに決定した方には応募時に記入いただいたメールアドレスに連絡します。応募受付の確認、結果に関するお問い合わせはお受けしておりません。
※ メンバーは熊本県小国町、鹿児島県奄美市2つのイベントに参加が可能です。
※ オンラインイベントにはオンライン会議アプリZoomを使用する予定です。オンラインイベントご参加の際にはオンライン会議アプリZoomのダウンロードが必要となりますのであらかじめご了承ください。
※ イベント日時や内容、特産品(サンプル品)は変更となる可能性があります。
※ 特産品(サンプル品)は参加人数に関わらず、1組に1つお送りします。
※ 「Twitter」は、Twitter, Inc.の登録商標です。
※ 「Zoom」は、Zoom Video communications, Inc.の登録商標です。

■実施内容
1.地域の魅力をよりいっそう楽しめるメンバー限定のオンラインイベントを実施
自治体や地域の事業者から地域ならではの話を聞くことができる、メンバー限定のオンラインイベントを開催。地域の方々と顔を合わせながら、こだわりや苦労したこと、お礼品や地域に関する豆知識などを聞くことができるので、これまでとは一味違った形で地域の魅力を知ることができます。
2021年<九州の自然を満喫!編>では、2自治体のイベントに参加できるので、地域ごとに異なる魅力をたっぷり楽しめます。

2.地域の魅力を体感する品をプレゼント!
オンラインイベントを楽しみ、その地域の魅力を体感してもらうため、地域の魅力を体感できる特産品(サンプル品)をお届けします。オンラインイベントで、地域の方々の話を聞きながら開封すると、さらに素敵な体験ができること間違いなし!

3.Twitterで地域の情報を紹介
ふるさと応援サロン専用のTwitterアカウント「ふるさと応援サロン2021 by さとふる」(@satofull_salon)を開設。応援する自治体や事業者が発信する情報を紹介していきます。ぜひフォローして、地域の情報を知ると共に、届いた特産品(サンプル品)の写真や、イベントの様子を「#ふるさと応援サロン」をつけて発信して、地域を応援してください。

■株式会社さとふるについて
株式会社さとふるは、ふるさと納税(自治体への寄付)を通して地域活性化を推進しています。「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる ふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、寄付者向けに「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができるサービスを提供しています。自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供しています。また、ふるさと納税を活用した地域活性化の取り組みを掲載する、地域情報サイト「ふるさとこづち」(https://www.satofull.jp/koduchi/)を運営しています。

以上

● この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
● この報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む