免疫抑制剤市場ー薬剤の種類別、投与経路別、アプリケーション別、エンドユーザー別および地域別ー世界の業界分析、傾向、市場規模、および予測2025年

SDKI Inc.
SDKI Inc.は、2019―2025年の間に市場の成長ドライバー、機会、最近の傾向、課題など、市場のいくつかの側面に関する詳細な分析を提供することを目的とした免疫抑制剤市場の調査レポートを2021年04月19日で発刊しました。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-104598



世界の免疫抑制薬市場は、2019ー2025年の予測期間中に4.9%のCAGRで成長すると予想されます。

以下の要因は、市場の成長に貢献する可能性があります:

臓器移植手術の数の増加
自己免疫疾患の有病率の高まり
慢性疾患の有病率の増加

また、組織工学および臓器移植技術の進歩の高まりは、免疫抑制薬市場の成長を促進します。さらに、慢性疾患の有病率の増加、および臓器移植の需要の増加は、市場の拡大を後押しします。高度な医療の採用、および組織工学の使用の増加は、免疫抑制薬市場の成長のためのいくつかの機会を生み出します。

市場セグメント

免疫抑制剤市場は、薬剤の種類別、投与経路別、アプリケーション別、エンドユーザー別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントは以下のとおりです:

薬剤の種類別

カルシニューリン阻害剤
バイオテクノロジーセンター
抗増殖剤
IMDH阻害剤
その他


投与経路別

静脈内
経口
その他


アプリケーション別

臓器移植
自己免疫疾患
腎臓移植
肝移植
心臓移植
その他


エンドユーザー別

臓器移植センター
病院と診療所
その他



地域概要

免疫抑制剤市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米は、世界の免疫抑制薬市場で最大のシェアを保持すると予想されます。自己免疫疾患の有病率の増加、および北米での臓器移植の増加は、この地域の免疫抑制薬市場の成長を後押ししています。一方、ヨーロッパの免疫抑制薬市場は、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。ヨーロッパでの移植数の増加は、市場の拡大に貢献しています。さらに、アジア太平洋地域も、確立されたヘルスケア産業、およびこの地域での医療観光の成長により、免疫抑制薬市場で有利な成長機会を目撃しています。

市場の主要なキープレーヤー

免疫抑制剤市場の主要なキープレーヤーには、Genzyme Corp.、Astellas Pharma Inc.、Accord Healthcare Ltd.、Bristol-Myers Squibb Company、GlaxoSmithKline plc、Glenmark Pharmaceuticals, Inc.、F. Hoffmann-La Roche AG、Mylan Laboratories Ltd.、Pfizer Inc.、Novartis International AGなどがあります。この調査には、免疫抑制剤市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/immunosuppressant-drugs-market/104598

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む