ヒュンメルが架空クラブのリアルなGKユニフォーム発売!

株式会社エスエスケイ
架空のクラブ「葉羽エストレーノ」に実在するユニフォーム

デンマークのスポーツブランドhummel(ヒュンメル)は、サポートする架空のサッカークラブ「葉羽エストレーノ」が、実在のJリーグクラブ「ツエーゲン金沢」とスペシャル架空マッチを開催するのを記念して、葉羽のGKユニフォームを発売。ヒュンメル公式オンラインストア限定で、8月16日まで受注を受け付けます。



■バイク軍のGKユニ発売
昨年、SNS発クラブとして誕生した葉羽エストレーノは、2020年春、コロナ禍においてJリーグが中断する中で、日常にサッカーを取り戻し、ステイホームを楽しもうとするアイデアから生まれた。応援するクラブの垣根を越えて、サッカーファンが集い、バカをやれる場所を目指している。

そんな葉羽エストレーノが、Jリーグが中断するこの夏、J2のツエーゲン金沢とチャンピオンカレーPRESENTS「ツエーゲン金沢vs葉羽エストレーノ」を行うことに。おそらく世界初となる架空のクラブとプロクラブの試合を記念して、ヒュンメルは、葉羽エストレーノのGKユニフォームを発売。

ユニフォームは、葉羽エストレーノのロゴにも描かれ、葉羽市の主要産業であるバイクを中心にデザインした大胆なユニフォーム。背中にはバイクの後ろ姿が入り、ナンバープレートにスポンサーロゴが入る形に。

今回発売するのは、ゴールキーパー(GK)用ユニフォームの長袖と半袖の2種。無地に加えて、推しの選手名と背番号の入ったもの合計8パターンから選べるように。さらに、7月20日より発売をスタートし、8月16日まで受け付け。10月初旬のお届けを予定しています。



■商品情報

葉羽エストレーノ2021 GKユニフォーム半袖シャツ
https://www.sskstores.jp/fs/srush/S03_HAGSNS12ZHBNG
Size:S , M , L , O , XO , XO2(UNISEX)
Price:9,000円(税込):マークなし
:10,000円(税込):背番号+選手名

葉羽エストレーノ2021 GKユニフォーム長袖シャツ
https://www.sskstores.jp/fs/srush/S03_HAGSNS22ZHBNG
Size:S , M , L , O , XO , XO2(UNISEX)
Price:10,000円(税込):マークなし
:11,000円(税込):背番号+選手名


■スペシャル架空マッチはライブ配信
ツエーゲン金沢とのスペシャルマッチは、7月21日19時より、プラットキャストにてライブ配信。冠スポンサーでもあり、葉羽エストレーノのサプライヤー、そしてツエーゲン金沢のパートナー企業でもあるチャンピオンカレーは、7月21日から23日の3日間、野々市本店限定で、この試合を記念した「はばネバカレー」を実際に発売する。架空と実在をミックスした葉羽エストレーノの取り組みが、サッカーを自由にする。

配信URL:https://zweigen-20210721jm6k.platcast.iodata.jp/
※放送開始前は音楽が流れています。

【ご協力】
株式会社アイ・オー・データ機器
https://www.iodata.jp

【配信日時】
2021年7月21日(水)
19:00~21:00

【実 況】
MC:大平まさひこ
解説:辻尾真二(ツエーゲン金沢)


■葉羽エストレーノについて
葉羽エストレーノは、新型コロナウイルスによるJリーグ中断が生んだ架空のサッカークラブ。実存しないサッカークラブながら、スポンサーがつき、リアルにユニフォームも発売。独自の切り口で、Jリーグ関係者からも注目されるなど、SNSを中心に話題に。
【OFFICIAL WEBSITE】https://habane-estreno.com/


■ヒュンメルについて
デンマークのスポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生。革靴でサッカーをしていた当時、真っ平らな靴底にスタッドを付け、グリップ力の飛躍的向上をもたらし、今までできなかったプレーを可能にしました。そこで重過ぎるために理論上飛べないとされるマルハナバチ(ドイツ語でhummel)が努力を重ねて飛べるようになったという逸話を重ね合わせ、ブランドネーム&ロゴに採用。90年の歴史を経て、現在は“Change the World Through Sport.” (スポーツを通して世界を変える)をミッションに、独自のブランドストーリーを展開。新しいチャレンジを続けています。
【OFFICIAL WEBSITE】http://hummel.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む