岡田武史氏が代表を務める株式会社今治.夢スポーツ、人材開発領域において初の「あと値決め」を導入

株式会社ネットプロテクションズ
~投げ銭とは異なる新しい”応援”の形の実現へ~

 新しい信用を創造するCredit Tech(クレジットテック)のパイオニア、株式会社ネットプロテクションズ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長(CEO):柴田 紳、以下当社)は、サッカー元日本代表監督の岡田武史が会長を務めるサッカークラブ「FC今治」を運営する株式会社今治.夢スポーツ(所在地:愛媛県今治市、代表取締役会長:岡田 武史、以下、今治.夢スポーツ)による野外体験教育プログラム「海遍路/山遍路:瀬戸内アドベンチャー320キロ」企画内で実施するイベント「zoomで冒険者とつながる」への参加チケットを、2021年7月20日よりポストプライシング形式で販売を開始いたします。旅の参加者や今治.夢スポーツへの応援を届ける手段として、あとから値段を決める形式でのチケット販売となります。  上記は「あと値決め」を活用することにより実現に至りました。「あと値決め」とは、株式会社ネットプロテクションズの運営する国内初・国内唯一のポストプライシングのアウトソーシングサービスです。



■海遍路/山遍路:瀬戸内アドベンチャー320キロでのあと値決め導入内容について
「海遍路/山遍路:瀬戸内アドベンチャー320キロ」は、今治.夢スポーツの教育事業のひとつである「しまなみ野外学校」の活動の一環として開催される「人は応援される事で勇気をもらい、応援する事で元気をもらう」をコンセプトにした野外体験教育プログラムです(詳細はこちら:https://note.com/shimanami/ )。「仲間と協力して何かを成し遂げたい」「自分は一体何者なのか突き詰めたい」「チャレンジすることできっかけをつかみたい」そんな思いがある14歳~22歳の男女7名が四国の陸路160キロ、海路160キロを21日間で旅します。この旅は、参加者の旅の物語を、配信を通して視聴いただくことで、”勇気と元気”の交換をしたいという想いのもと実施されます。その形のひとつとして、当社では参加者とZoomチャットで会話できるイベント「zoomで冒険者とつながる」への参加チケットを最低価格0円のあと値決め制で販売いたします。

チケット購入はこちら
URL:https://umihenroyamahenrolive.peatix.com

■あと値決めについて
 あと値決めは、消費者が実際に体験した「あと」で自ら「値決め」を行うことができる仕組みです。そして、「価格」に応援を乗せやすいことが特徴です。

 今回の「海遍路/山遍路」では、ライブ配信視聴後に「旅の参加者を応援する!」「しまなみ野外学校や今治.夢スポーツを応援する!」といった項目に希望する価格を入力したり、フリーコメントを書くことができたりするので、値決めを通じた新たな応援体験が可能になっています。



■今治.夢スポーツ担当者コメント
「海遍路/山遍路:瀬戸内アドベンチャー320キロ」

この夏、7人の若者が、海を越え島を巡り、里を歩き山を越え、320キロの道のりを行く21日間の旅をします。旅の道中では、様々な出会いと経験を通し、“生きる”ことに向き合うこととなります。時に迷い、ぶつかり合いつつ、希望に満ち溢れる想いを持ちながら、日々変化していく子どもたちの姿は、もしかしたら現代の混沌とした社会に、一筋の光を見せてくれるのではと感じます。そこで思い着いたのが、Zoomによる子どもたちと応援してくれる皆さまをつなげる旅のライブ配信です。

『人は応援されることで勇気をもらい、応援することで元気をもらう』
旅する冒険者たちが、様々な出会いの中で変化していく。その姿を、デジタルを通じて、リアルタイムで発信する。見る者は、彼らの息遣いを感じドキドキ・ワクワクする。それは原動力として、皆さまにとっても大きなエネルギーになり得ます。迷いながらも柔軟に変わり続ける子どもたちと皆さまがつながり、双方が応援されること、応援することで、夢を追い続ける力になる。

そのために、互いに安心して繋がり合える場は無いのものだろうか、と探していた時に、「あと値決め」に出会いました。私たちの旅と視聴者の皆様が”デジタルを通じて安心して繋がり合う場”をつくり、優しさや応援し合う気持ちを交換する。その純粋な喜びを分かち合う場を実現するために、「あと値決め」を導入しました。

■あと値決め担当者コメント
 当社が次世代育成パートナーをつとめる株式会社今治.夢スポーツ様の「海遍路/山遍路:瀬戸内アドベンチャー320キロ」を「あと値決め」で支援できることを嬉しく思います。「あと値決め」を通じて、新たな応援体験ができるので、是非多くの方にライブ配信にご参加いただければと思います。
 あと値決めは、ファンにとっては応援などのコミュニケーション手段として、スポーツチームにとっては収益化手段として、スポーツチームとそのファンを支えていく存在になると信じています。入場制限のかかるスポーツ観戦で、あと値決めによって応援的支払いがしやすく、かつコメントで選手に想いも届けられる世界観を実現したいと思います。

■「あと値決め」とは
「あと値決め」はCtoCマッチングプラットフォームや東証一部上場企業から個人事業主まで幅広くご利用頂いているポストプライシング(後から値段を決める形式)をまるっと代行する国内初・国内唯一のサービスです。投げ銭の4倍にあたる80%以上の価格入力率を達成可能※であり、ご利用料金は決済手数料のみのため追加コストの発生が少ないのが大きな特徴です。事業者様が簡単にあと値決め形式での商品/サービス販売を行うサポートをし、収益性の向上に貢献いたします。
※当社調べ。(https://pricing.netprotections.com/info/press/210526.html

サービスの特徴
・発生費用は5%以下の決済手数料のみ
・最低価格が設定可能。未回収リスクも100%保証
・東証上場一部企業を含む、1000を超える事業者様にてご利用中
・会員登録不要な簡易決済のAPI接続にて利用可能(開発を伴わないCSV形式可)

「あと値決め」の詳細はこちら:https://pricing.netprotections.com/
(「あと値決め」は当社決済事業のオプションサービスになります。)

■株式会社ネットプロテクションズ 概要
当社はテクノロジーを活用して新しい信用を創造する「Credit Tech(クレジットテック)」のパイオニア企業として、あらゆる商取引を円滑にしていくことを目指しています。2002年より、日本で初めて未回収リスク保証型の後払い決済サービス「NP後払い」の提供を開始し、年間流通金額では前年比約16%の成長率、国内ECの後払い決済市場において現在ではシェアNo.1(注1)を誇る加盟店基盤を有し、年間ユニークユーザー数(注2)が1,580万人に達し、2021年3月までに累計利用件数が2.8億件を突破するまでに至りました。2011年より、同サービスにより培った独自の与信ノウハウとオペレーション力を企業間取引向けに展開した「NP掛け払い」の本格販売を開始し、年間流通金額では前年比約27%の成長率で伸長しています。2017年には、購買体験がこれまでより快適になるやさしい後払い決済「atone(アトネ)」の提供を開始しました。さらに2018年には、台湾においてもスマホ後払い決済サービス「AFTEE(アフティー)」をリリースしました。これらの事業を通じて、顧客の購買歴・支払い歴をあわせた取得難度の高い信用ビッグデータを保有しており、今後は様々な領域でのデータ活用・展開を模索していきます。

・商号 株式会社ネットプロテクションズ
・代表者 代表取締役社長(CEO) 柴田 紳
・URL https://corp.netprotections.com/
・事業内容
 後払い決済サービス「NP後払い」の運営
 企業間決済サービス「NP掛け払い」の運営
 訪問サービス向け後払い決済サービス「NP後払いair」の運営
 新しいカードレス決済「atone(アトネ)」の運営
 台湾 スマホ後払い決済「AFTEE(アフティー)」の運営
 ポイントプログラムの運営
・創業 2000年1月
・資本金 1億円
・所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目2-6 住友不動産麹町ファーストビル5階

注1)当社推計(加盟店ベース)。2021年1月7日付通販新聞掲載の「第75回通販・通教売上高ランキング」に掲載されている300 社のうち、家電や高級ブランド品などを扱う企業を除いた239社を対象とし、その239社の中で後払い決済を導入している企業166社の後払いアウトソースサービスの導入状況を当社グループで調査(2020年3月1日時点)。また、上記239社のうち、後払い業務をインハウス化(自社提供)している会社は49社、後払いを導入していない会社は73社存在する。 注2)2020年4月1日~2021年3月31日における「NP後払い」の利用者のうち、氏名・電話番号の双方が一致する利用者)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む