『2k540 AKI-OKA ARTISAN』開業10周年企画 第3弾 高架下まちびと商店街 7月22日(木祝)開催!

株式会社ジェイアール東日本都市開発
JR秋葉原駅~御徒町駅間高架下“ものづくりの街”




“日本のものづくり”をコンセプトに、JR秋葉原駅と御徒町駅間の鉄道高架下に開業した商業施設『2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル アキオカ アルチザン)』は2021年9月に全体オープンから10周年を迎えます。
10周年を記念したイベントの第3弾として、「高架下まちびと商店街」を開催いたします。
第1弾では、2k540のものづくりや、施設周辺地域の魅力を発信するオンラインイベント「高架下ものづくり会議」、第2弾では街を歩いて地図を作るプロジェクト「みんなの地図製作委員会」を定期的に開催しています。

【第3弾】高架下まちびと商店街 「御徒町で愛され続ける『藤本商店』が2k540に出店」



Vol.1 「御徒町で愛され続ける『藤本商店』が2k540に出店」
~こだわりの野菜を地域からお届けします~
日 時:7月22日(木・祝)11:00~16:00
参加費:なし ※どなたでもご参加いただけます。
場 所:2k540イベント会場
主 催:2k540 AKI-OKA ARTISAN
  (運営:(株)ジェイアール東日本都市開発)
※アルコール除菌等、感染症対策を徹底し、
混雑時には入場制限を設ける場合もございます。

〈イベント内容〉
今回のイベントでは、地域に根ざして活躍するお店を「まちびと(街人)」としてお呼びし、こだわりの品々を提供するマルシェをお届けします。このシリーズは、2k540のコンセプトでもある「こだわり」を体感できる商品を用意させていただきながら、店主の想いを共感できる”商店街”のような場づくりを目指していきます。

第1回目に登場するのは、御徒町エリアで八百屋を営む「藤本商店」。大田市場からこだわりの野菜を買い付け、お店で漬けた漬物も提供するなど、昔から同エリアの台所事情を支えてきた下町商店です。当日は3代目店主 藤本健次郎氏が店先に立ち、野菜へのこだわりや地域に根差す新しい八百屋としての想いなどを語らいながら、商品を買うだけでない新たな野菜ショッピングを楽しんでいただけます。

当日は、2k540の店舗による限定コラボ展示も実施いたしますので、2k540ならではの野菜マルシェをお楽しみください。



※どなたでもご参加いただけます。
※詳細はコチラからもご覧いただけます。(https://peatix.com/event/1997341/view

「藤本商店」とは?



▲店主:藤本健次郎氏


▲店舗外観


"美味しい食材を良心価格で""昔ながらの人情味のある八百屋スタイル"。
3代目店主の藤本氏は、スーパーでは味わえない値引き交渉やおまけなど、下町の八百屋ならではの文化を世の中に残していく為に、現在、八百屋の枠に収まらない挑戦を企画中。
・所在地:東京都台東区台東3-8-9(JR御徒町駅から徒歩約8分末広商店街内)
・公式SNS:Instagram @fujimotosyoten_official

2k540施設概要

・施設名称 2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル アキオカアルチザン)
・所在地 東京都台東区上野5-9
・営業時間 11:00~19:00(一部飲食店舗を除く)
・定休日 水曜日
・運営会社 株式会社ジェイアール東日本都市開発
・公式H P https://www.jrtk.jp/2k540/
・公式SNS Instagram @official_2k540

※画像は全てイメージです。
※各店舗の最新営業情報については、2k540公式HPおよび公式Instagramをご覧ください。
※2k540では、お客さまに安心してご利用いただけるよう、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を行っています。詳しくは公式HPをご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む