お出かけ施設向け情報メディア「いこーよ総研」にて、2021年6・7月のおでかけ市場に関する定期レポートを公開しました。

アクトインディ株式会社
夏休みのお出かけ予定について~お出かけ意欲向上が顕著~

以下、2021年6・7月のおでかけ市場レポートを一部抜粋したものになります。 7月になって発令された4回目の緊急事態宣言、少しずつ進むワクチン接種、無観客のオリンピック開催。おでかけや外出に関して、ユーザーも施設側も少なからず混乱をきたす中、はたしてユーザーのお出かけ意欲や予定はどのようになっているのでしょうか。今回は、今年の夏休みのおでかけ、旅行や帰省の予定について、いこーよサイトへのアクセス状況やユーザーアンケート結果を踏まえ、分析してみました。


6月に引き続き、7月もおでかけ意欲が大きく上昇。4回目の東京の緊急事態宣言の影響は小
以下グラフは、昨年4月からのいこーよサイト閲覧数(お出かけ施設ページのみ)と、2019年(コロナ前)の閲覧数を比較したもの(2019年を100%として)です。6月に全国10都道府県で出されていた3回目の緊急事態宣言が解除され、いこーよサイトへのアクセスが顕著に伸びました。その後、解除から約3週間経った7月12日に、東京都で4回目の緊急事態宣言が発令となり、お出かけ意欲に影響が出ると思われましたが、アクセスはその後も減速することなく現在も伸びており、お出かけ意欲増の流れは止まっていません。


出典:Google Analyticsより
※直近の7月のデータは、分析時点の7月中旬までのデータを使用。
※2021年3月以降は、昨対比ではなく、新型コロナの影響を受けていない2019年3月~2020年2月のデータをベンチマークとして比較。

続いては回遊率データについて。以下グラフは、2020年4月からのいこーよサイト内の回遊率(サイト内の複数のページを巡って閲覧する率)を、コロナ前の2019年と比較したもの(2019年を100%として)です。回遊率が高いほどユーザーのお出かけ意欲が高く、複数の施設からお出かけ先を積極的に検討していることを表します。この回遊率のデータからも、4回目の緊急事態宣言が発令された後もユーザーのお出かけ意欲が減退していないことがわかります。
出典:Google Analyticsより
※直近の7月のデータは、分析時点の7月中旬までのデータを使用。
※2021年3月以降は、昨対比ではなく、新型コロナの影響を受けていない2019年3月~2020年2月のデータをベンチマークとして比較。

昨年とは異なり、今年の夏は日帰りのお出かけや旅行、帰省の予定者が多く、自粛派は少数
いこーよユーザーに、今年の夏休みの予定についてアンケートをおこなったところ、日帰りのお出かけをすると回答したユーザーは6割、宿泊を伴うお出かけをする予定という人も45%程度という結果になりました。一方で、お出かけを自粛すると回答した人は16%とそれほど多くなく、アンケートの結果からもお出かけ意向がかなり上昇してきていることがわかります。

4回目の緊急事態宣言が発令される前と後で、ユーザーのおでかけに関する意識・予定に変化があったかどうか、回答を分けて見てみたところ、ユーザーに意識の変化はほぼなく、宣言が出ていてもお出かけ意向が低下するという状況にはなっていません。
出典:いこーよ7月お出かけアンケートより
この夏に、日帰り、宿泊を含めてお出かけをすると回答した人に、どのような場所に行きたい(行く予定)かを聞いたところ、「プール・温浴施設」がもっとも多く、「水族館」、「動物園」などが続いています。「屋内キッズパーク」も4位となっており、屋外だけでなく屋内の施設に対するお出かけ意欲も回復してきている様子が見られます。

出典:いこーよ7月お出かけアンケートより
夏休みに宿泊(旅行)や帰省をすると回答した人に、行った先でどのように過ごしたいと思っているかを聞いたところ、宿泊(旅行)先では、ホテルなどの館内で過ごすことに加え、「近隣のレジャー施設も楽しむ」と回答した人が6割います。

帰省先では「帰省先の家でゆっくり過ごす」という人が若干多いものの、それでも「帰省先の近隣のレジャー施設を楽しむ」という人も約3割おり、自粛が主流だった昨年夏の状況とはだいぶ違ってきています。
出典:いこーよ7月お出かけアンケートより

2021年7月のお出かけ市場レポート総括
7月になり、東京に4回目の緊急事態宣言が発令されましたが、今回の調査では、緊急事態宣言によるお出かけ意欲への影響は極めて少なく、これから夏休みに向けてお出かけや旅行、帰省を予定している家族が多く見られます。また、旅行先や帰省先でも、その近隣のレジャー施設を訪れたいと回答しているユーザーも多く、昨年の夏休みの状況とは大きく変わってきているようです。

ワクチン接種の効果が出始め、全国的に新型コロナ重症者数や死亡者数が減少してきています。専門家から、コロナ対策について「人々の行動制限だけに頼るという時代はもう終わりつつある」という意見が出されたり、秋にかけて多くの現役世代へのワクチン接種が進んでいくことが予定されている状況の中、お出かけ市場は今後さらに回復していくことが予想されます。制限なく行動、生活する状況になるのはもう少し先かもしれませんが、少しずつ家族や子どもたちがお出かけして楽しい時間を過ごせる状況になってきていることに明るい希望を感じます。

■2021年6・7月のおでかけ市場レポート全文はこちらから
URL:https://research.iko-yo.net/report/4773.html

■その他のいこーよ総研の記事
・おでかけ施設の夏休み対策に関する施設アンケート
URL:https://research.iko-yo.net/solutions/research/4386.html
・2021年6月公開(5・6月分データ) 「3回目の緊急事態宣言後のお出かけ意欲について」
URL:https://research.iko-yo.net/report/4349.html
・2021年5月公開(4・5月分データ) 「GW前後のお出かけ動向とオンラインイベントへの参加状況について」
URL:https://research.iko-yo.net/report/3677.html

※いこーよ総研の更新情報を受け取りたい方は、以下のいこーよ総研公式twitterのフォローをお願いします
いこーよ総研公式twitter:https://twitter.com/ikoyo_soken

■「いこーよ総研」概要
URL: https://research.iko-yo.net/


《コンテンツポリシー》
全国のお出かけ施設・レジャー施設のさらなる発展や市場の活性化を願い、お出かけに関わる様々な調査を実施し客観的な分析データを発信します。

《構成コンテンツ》
【市場レポート】
おでかけ市場の状況について、いこーよのアクセスデータに外部サービスの情報やユーザーアンケート結果を加え、月次で調査。おでかけ市場全体の動きを総合的な視点で分析します。
【調査データ】
いこーよユーザーや登録施設への独自アンケートをもとに、おでかけ施設がいま抱えている課題の解決を目的としたデータ分析記事コンテンツです。ユーザー(利用者)アンケートと施設アンケートそれぞれのアンケートから分析します。
【いこーよ活用】
いこーよクーポン掲出による成果事例や、季節別のいこーよタグ利用比較など、おでかけ施設がいこーよを活用する際に参考となるデータを集めた分析コンテンツです。
【事例紹介】
実際におでかけ施設がおこなった施策やその成果について、独自にインタビューをおこない、他施設向けにその成功・失敗事例を紹介するインタビューコンテンツです。

■「いこーよ」について https://iko-yo.net/
子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」は、子育て層の約8割が利用し、全国85,000件以上の施設情報や54,000件以上の口コミを掲載しています。(2021年6月現在)おむつ替え台や授乳室、ベビーカーや託児所の有無など子どもとのお出かけで必要な情報も一目でわかります。
アプリ版「いこーよ」では、現在地から地図で近くのお出かけ先を検索出来る他、「いこーよ」のアプリ会員限定の特別クーポンが入手できる素敵な特典も随時更新中。独自の口コミ投稿機能で子供の年齢別評価がひと目で分かり、Web版よりさらにマッチしたお出かけ情報を提供します。
プレミアム会員(月額制)もあり、お得なクーポン使い放題、プレミアム会員限定の企画も実施中!
いこーよアプリ:https://iko-yo.net/apps

【会社概要】
会社名:アクトインディ株式会社
所在地:東京都品川区五反田7-22-17 TOCビル9階20号
代表取締役:下元敬道(しももと たかみち)
設立:2003年6月

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
アクトインディ株式会社
電話番号:03-5435-1055

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む