赤ちゃん大喜び!新感覚しかけ絵本「ちいさなおばけ」新発売

株式会社 岩崎書店
のっぺらぼうに、おかおがついた!みんな大好きおばけの絵本!

児童書出版社、株式会社岩崎書店(代表取締役社長:小松崎敬子、本社:東京都文京区)は、しかけ絵本「ちいさなおばけ」(作・絵:新井洋行)を、2021年7月15日(木)に発売いたします。




目が二つ口が一つの「かおマーク」は、赤ちゃんが大好きな世界共通の図版です。
そして、「おばけ」は小さなお子さんが大好きなテーマです。
そんな「かおマーク」と「おばけ」が合わさった新感覚絵本が登場!
付属の透明シートを重ねるとおばけたちの「笑顔」がでてくる、楽しいしかけ絵本です。
赤ちゃんでもめくりやすい作りになっているので、出産祝いにもぴったりの1冊です。

書籍内容



ちいさなおばけはママを探しています。
だれかいるよ、ママかな?あれれ!のっぺらぼうのおかお。

そこに透明シートを重ねると…



にっこり笑顔がでてきたよ!


最後には目が1つになる横顔のページがあります。
生後6か月を過ぎると赤ちゃんもその絵を理解できるようになるので、
絵本を楽しむ幅が広がります。
赤ちゃんが読む最初の絵本にぜひ読んでいただきたい1冊です。

遊び方がのっている詳しい動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=RNm3AyA9NLc



書籍情報



・書名:ちいさなおばけ
・作・絵:新井洋行
・ISBN:978-4-265-83081-7
・定価:1,100円(本体1,000円+税)
・発売日:2021年7月15日
※商品の店着状況により店舗ごとに発売開始日が異なります。
・販売場所:全国書店、 ネット書店、 他


Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4265830811
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/16745094/
紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784265830817

●書誌詳細ページ:https://www.iwasakishoten.co.jp/book/b583257.html

著者情報

著者:新井洋行
1974年東京生まれ。二人の娘の父。絵本作家、デザイナー。絵本に『れいぞうこ』(偕成社)、『いろいろ ばあ』(えほんの杜)、『みずちゃぽん』(童心社)、『しゃかしゃか』『きらきら』(講談社)、『ふたをぱかっ』(KADOKAWA)、『でんしゃごっこ』『おみせやさんごっこ』(マイクロマガジン社)ほか。

監修者:山口真美
1964(昭和39)年神奈川県生まれ。中央大学文学部心理学研究室教授、博士(人文科学)。中央大学文学部卒業、お茶の水女子大学大学院博士課程人間発達学専攻単位取得退学。日本赤ちゃん学会副理事長。認知心理学、なかでも乳児の視覚についての研究が専門。著書に『赤ちゃんは世界をどう見ているのか』(平凡社)『赤ちゃんは顔をよむ―視覚と心の発達学』(紀伊国屋書店)ほか。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む