【7月19日発売】CAPA 8月号は創刊40周年スペシャル 第1弾! 総勢40人の写真家が愛した交換レンズを大公開

株式会社ワン・パブリッシング
ニコンZ fcが新登場! フィルム一眼レフライクなデザイン&操作性の新DXモデルのすべてを詳しく解説。ライカの新型M10-Rブラックペイントや、話題のスマートフォンLEITZ PHONE 1も必見。

株式会社 ワン・パブリッシング(東京都台東区/代表取締役社長:廣瀬有二)は、2021年7月19日(月)に「CAPA 8月号」(定価:1100円(税込))を発売いたしました。 巻頭特集は「大公開! 写真家40人のベストレンズ」。名作を撮る上で欠かせない至極の描写や手になじむしっくり感など、写真家が選び、愛した名玉の数々に迫る企画です。第2特集は「驚異のスポーツフォト」。目覚ましい勢いで進化するカメラの先進機能によって撮れるようになったスゴいスポーツ写真を紹介します。このほか、ニコンの新型ミラーレス「Z fc」の詳細レポートや、「玉ボケに影を描く」マクロ撮影の秘蔵テクニック、ミラーレス時代のマクロレンズ徹底検証など、カメラ・写真を楽しむための記事が満載です。







【特集】創刊40周年記念大特集・第1弾! 写真家40人のベストレンズ

名作写真の陰には名玉あり!写真家の目となってシーンを目撃し、描いてきたベストレンズを大特集します。総勢40人の写真家に、愛用レンズの「手放せない理由」「このレンズだからこそ可能になった写真表現」について語ってもらいました。至極の描写、自分の分身のごときしっくり感、写真家が選び、愛したレンズの数々が一堂に会します。





驚異のスポーツフォト -プロがカメラの先進機能を使いこなすとスゴイ写真が撮れる!

年々進化を続けてきた、プロが絶対の信頼を置く各社のフラッグシップモデル。そんな、先進のカメラ機能を駆使して、この道のプロフェッショナルが撮影したスポーツ写真を紹介します。最新のカメラ性能とプロの卓越した技術で捉えた‟驚異の一瞬”をご覧ください。





水、風、雲、そしてセルフライティング「長秒露光で撮る夏風景」

写真ならではの表現、それは長秒露光による描写です。流れる水や雲、風によって揺れる草花は姿を変え、肉眼では見ることのできない写真が撮れます。この記事のトビラ写真「月夜の虹」も長秒露光することで生まれた一枚。ここでは、長秒露光を生かした夏の風景撮影術を紹介します。 巻頭特集のほかにも、交換レンズの記事が盛りだくさん。キヤノンRF100ミリやニッコールZ MC105ミリ&50ミリなどを徹底検証する「ミラーレス時代のマクロレンズの描写力に迫る」、辛口コメントで最新レンズを一刀両断する連載企画「伊達淳一のレンズパラダイス」ではソニーFE35ミリF1.4GMなど、フルサイズFEマウント用大口径35ミリの5本の描写をチェックします。 テクニック記事では、作者がそっと明かすマクロ撮影の奥義「玉ボケの中に現れる‟不思議な影絵”を撮る!」をお届け。また人気グラビア連載「Momoco写真館、ふたたび」では、80年代後半から90年代に活躍していたアイドル・島田奈美さんの未掲載カットを公開します。




【商品概要】




【本書のご購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B098S1GBMW/
・楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16800990/
・セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1228284849



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む