機能性表示食品*1になってパワーアップ!厳選された成分で見える力をサポート『瞳くっきりエイジ』2021年7月15日(木)リニューアル新発売

株式会社アテニア
 株式会社アテニア(所在地:神奈川県横浜市中区 代表取締役社長:斎藤智子)は、『瞳くっきりエイジ』<2,160円(税込)>を、2021年7月15日(木)より通信販売および直営店舗にて発売します。


【商品概要】
スマホやPCを見る時間が増えたり、小さな文字がぼやけて見えたりと、生活環境や年齢に応じた目の悩みに、「アスタキサンチン」 「ルテイン」に加え、「ゼアキサンチン」を新配合。厳選された3成分により、手元のピント調節力を維持し、目の疲労感を軽減。また光の刺激から目を保護し、ぼやけの緩和機能を強化。1日1粒で、はっきりと見える力をサポートします。



『瞳くっきりエイジ』
容量:30粒 (1粒の内容量210mg)
1日1粒 約30日分
価格:2,160円(税込)/2,000円(税抜)



*1:機能性表示食品とは…
科学的根拠に基づき、安全性・機能性を明確に説明できる食品のこと。
安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁へ届けられたもの。
*2: 機能性関与成分(ルテイン・ゼアキサンチン)に関する研究レビュー
*3: 機能性関与成分(アスタキサンチン)に関する研究レビュー


「アスタキサンチン」摂取により、手元のピント調節力を有効に維持することが確認されました。ピント調節力の維持は、目の疲労感軽減の指標とされています。



対象者:健康な男女48名(30-45歳)
(VDT作業に従事し目の疲れを訴え、調節力が年齢相応より低い者)
対象食品:1.プラセボ(アスタキサンチンなし)または2.アスタキサンチン6mg
摂取期間:4週間
試験方法:摂取前、摂取2、4週間後に調節力などを評価。
結果:調節力の変化率(%)がプラセボ群と比べて有意に維持(P<0.01)
※研究レビューに採択された論文事例

**P<0.01vsプラセボ
出典:臨床医薬.2006;22(1):41-54.改変


「ルテイン」に加え、「ゼアキサンチン」を新配合。プラセボ摂取と比べて黄斑色素が有意に増加し、またコントラスト感度も有意に改善。光の刺激から目を保護し、ぼやけを緩和することが確認されました。



対象者:健康な男女44名(64~86歳、平均72歳)
対象食品:1.プラセボ(ルテイン・ゼアキサンチンなし)
:2.ルテイン10mg・ゼアキサンチン2mg
摂取期間:12ヵ月間
試験方法:摂取前、摂取4、8、12ヵ月後に黄斑色素光学密度を評価。
結果:黄斑色素がルテイン・ゼアキサンチンなし群と比べて有意に増加
※研究レビューに採択された論文事例

*P=0.019(vsルテイン+ゼアキサンチンなし摂取8-12週後)
出典:J Int Neuropsychol Soc. 2018 Jan;24(1):77-90.改変

対象者:健康な男女109名(ルテイン・ゼアキサンチン群53名
平均23.7歳、プラセボ群56名 平均22.7歳)
対象食品:1.プラセボ(ルテイン・ゼアキサンチンなし)
     : 2.ルテイン10mg・ゼアキサンチン2mg
摂取期間:12ヵ月間
試験方法:摂取6ヵ月、12ヵ月後にコントラスト感度などを評価。
結果:コントラスト感度がルテイン・ゼアキサンチンなし群と比べて有意差あり(ルテイン・ゼアキサンチンなし群と比べて、有意にグラフが傾いている)
※研究レビューに採択された論文事例

*P<0.05 vs機能成分なし
出典: Invest Ophthalmol Vis Sci. 2014 Dec 2;55(12):8583-9.
原データより作図


【商品詳細】

商品名:『瞳くっきりエイジ』
価格:2,160円(税込)/2,000円(税抜)
容量:30粒 (1粒の内容量210mg)
1日1粒 約30日分

※妊娠・授乳中の方、お子様は、召し上がらないでください。


機能性表示食品
届出表示:本品にはアスタキサンチン・ルテイン・ゼアキサンチンが含まれます。アスタキサンチンは、手元のピント調節力を維持し、日常的なパソコンなどによる目の疲労感を軽減することが報告されています。また、ルテイン・ゼアキサンチンは黄斑部の色素を増加させ、光の刺激から目を保護し、ぼやけの緩和によってはっきりと見る力(コントラスト感度)をサポートすることが報告されています。

* 本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
* 特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
* 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む