大人用おむつ市場、2026年に242億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「成人用おむつ市場:世界の業界動向・シェア・市場規模・成長・機会・予測 (2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月19日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc988347-adult-diaper-market-global-industry-trends-share.html




市場の概要
大人用おむつ市場は、2020年に154億米ドルの規模に達しました。大人用おむつは、大人用ナッピーとも呼ばれ、大人がトイレを使わずに排尿・排便するために着用する下着の一種です。おむつは、排泄物を吸収・収納し、衣服の汚れを防ぎます。肌に触れるインナーはポリプロピレン製、アウターはポリエチレン製のものが一般的です。メーカーによっては、ビタミンEやアロエベラなどの肌に優しい成分を配合して、インナーの品質を高めているところもあります。これらのおむつは、運動機能障害、失禁、重度の下痢などの症状を持つ大人にとって不可欠なものとなります。世界の大人用おむつ市場は、2021年から2026年の間に7.80%の年平均成長率を示し、2026年には242億米ドルの規模に達すると予想されています。

市場の推進要因及び制約要因
高齢者の尿失禁の増加に伴い、大人用おむつの需要が高まっており、特に吸水性と保水性を向上させた製品が求められています。
消費者の衛生意識の高まりが、大人用おむつの需要にプラスの影響を与えています。また、発展途上の地域では、認知度の向上と製品の入手のしやすさから、市場は高い成長を遂げています。
技術の進歩により、より薄く、より快適で、肌への優しさと臭いの抑制を強化した複数の大人用おむつが市場に導入されています。これにより、世界の大人用おむつ業界の成長にプラスの影響を与えることが期待されています。
おむつに有害な化学物質が使用されていると、皮膚が赤くなったり、痛くなったり、柔らかくなったり、炎症を起こしたりすることがあります。このことは、世界全体の市場成長を抑制する大きな要因の一つとなっています。

主要な市場区分
世界の大人用おむつ市場は、タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

タイプ別
タイプ別では、大人用パッドタイプのおむつが、通常の下着の内側に装着することで、肌を刺激することなく漏れを受け止め、水分を吸収することができるため、最も人気のある製品です。次いで大人用フラットタイプ、大人用パンツタイプの順となっています。

流通チャネル別
流通チャネル別では、薬局が最も大きく、住宅地やその周辺に多く存在し、消費者にとって便利な購入場所となっています。次いで、コンビニエンスストア、オンラインショップ、その他となっています。

地域別の傾向
地域別では、北米が世界の大人用おむつ市場でトップの座を占めています。これは、高齢者人口が増加していることと、メーカーがこの地域で尿失禁にまつわる汚名を払拭するための啓蒙活動を行っていることに起因しています。その他の主な地域は、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカです。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988347-adult-diaper-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む