マッチングアプリをめぐる男女の攻防戦を描くマンガ『マッチング・ウィズパレード』が7/23(金)より総合電子書籍ストア「ブックライブ」で独占先行配信開始

株式会社BookLive
~第1話は8/26(木)まで期間限定無料~

凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社BookLive(本社:東京都港区・代表取締役社長:淡野 正)は、オリジナルレーベル「NINO」の最新作『マッチング・ウィズパレード』を、総合電子書籍ストア「ブックライブ」にて、7月23日(金)より独占先行配信します。



                     (C)青咲るそう/NINO

●ゾクッとする人間ドラマでヒット多数青咲るそう最新作テーマはマッチングアプリ
これまで、SNSを題材にした連作短編集『炎上女図鑑』の主要執筆陣として、また『#エッジ~彼氏の女友達~』では男女の三角関係を軸にいびつな執着心を描き、好評を博してきた青咲るそう先生。
今回、最新作で描くテーマは、”マッチングアプリ”です。
人との新たな出会いやコミュニケーションの機会が激減してしまったコロナ禍、各サービスやアプリの認知度は急速に広がり、マッチングアプリ市場としての需要は拡大傾向にあります。20代男女の50%以上、30代男女の40%以上が「マッチングアプリを利用したことがある、または現在も利用している」と回答したという調査結果も出ています。
※TesTee(テスティー)調べ:https://www.testee.co
素敵な恋がしたい、条件のいい相手を見つけたい…誰もが当たり前に持っている願望かもしれません。しかし思わぬ落とし穴が潜んでいる事も…!?そんなアラートを鳴らしつつ、“ごく普通の”マッチングアプリ利用者たちの悲喜こもごもをリアルに描きます。


【担当編集よりコメント】
前作の『#エッジ~彼氏の女友達~』でも同世代の女性たちの胸中をざわつかせた、青咲るそう先生の新作がいよいよスタートです!先生と担当の「友人がアプリで出会った人なんですけどーー…」の女子会バナシから始まった物語。今作はマッチングカップルごとに主人公が入れ替わる、オムニバスストーリーになっています!男女の視点から紡がれた“マッチングアプリあるある”がめいっぱい詰まっておりますので、共感ポイントにドキドキしつつ、時にざわっとしながらお楽しみください。

青咲るそう先生よりコメント】
出会いのツールとして定番化したマッチングアプリですが、利用者の数だけドラマが生まれる場でもあると思います。今作では、アプリを介して運命の赤い糸を手繰る人々の姿と恋愛模様を、私らしく描こうと思い立ちました。歓喜と悲哀が入り交じるマッチング・パレードを、特等席で観覧するように楽しんでいただけたら嬉しいです。

作品情報
作品名:マッチング・ウィズパレード』 第1~3話 ※第1話は期間限定無料配信
配信開始日:2021年7月23日(金) 
作者:青咲るそう
レーベル名:NINO
配信書店:総合電子書籍ストア「ブックライブ」、および「BookLive!コミック」にて、独占先行配信
作品詳細URL:https://booklive.jp/product/index/title_id/10003724/vol_no/001

【あらすじ】
ひなこ、美月(みつき)、桜(さくら)は大学時代からの親友3人組。
アラサーの彼女たちは、結婚のチャンスを掴むためマッチングアプリを始めることに。
恋愛経験の少ないひなこがマッチングしたのは、エスコートも完璧な紳士的イケメン。
メッセージのやりとりもデートも順調で、これが運命の相手なのかも…? と思っていたけれど、彼のひと言をきっかけになんだか雲行きが怪しくなってきて……? 探して、見つけて、立ち止まる。恋愛模索オムニバス・ラブ・ストーリー!



▲爽やかイケメンの商社マン…いきなり好条件の相手とマッチング成立!?


▲会ってみたら、ますますイイ感じ…これって運命の相手!?


▲2回目のデートで違和感を感じながらも、このチャンスを逃したくない…!と焦るひなこ。


▲…と思ったら、3回目のデートでいきなり母親登場…!?


青咲るそう 既刊オススメ作品
作品名:『#エッジ~彼氏の女友達~』 



作者:青咲るそう
レーベル名:NINO
作品詳細URL:
https://booklive.jp/product/index/title_id/10002731/vol_no/001
【あらすじ】
「これは私と、彼氏と、彼氏の女友達の笑えないお話……」恋人の勇樹と同棲を始め、幸せ絶頂の真波。しかし勇樹の大学の後輩で“女友達”の聖華が2人の家に転がり込んできたことから事態は一変!家庭的な真波。心優しい勇樹。真波とは正反対の奔放な聖華。ひとつ屋根の下で形成される、心ざわめくイビツなトライアングル・ラブストーリー!
(C)青咲るそう/NINO

作品名:『SNSに暴かれる女たち』 


作者:青咲るそう/ほの香
レーベル名:NINO
作品詳細URL:
https://booklive.jp/product/index/title_id/10002543/vol_no/001
【あらすじ】
「あなたの事じゃないよ?」という言葉を盾にエアリプを繰り返す女。マッチングアプリで知り合った効率を重視する男。婚活パーティーで知り合った男を裏アカで査定し続ける女。あなたの隣にもいるかもしれないヤバイ男女を描いた、「SNSシリーズ」第3弾となる炎上オムニバス!
(C)青咲るそう・ほの香/NINO


■ブックライブオリジナルレーベル『NINO』作品一覧
https://booklive.jp/search/keyword/k_id/3415


総合電子書籍ストア「ブックライブ」は、“いつも心に「マンガ部屋」を。”をコンセプトに、人生を豊かにする本との出会いと、心ゆくまで楽しむことができるサービスを今後も提供してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
【総合電子書籍ストア「ブックライブについて
ブックライブは、凸版印刷グループの総合電子書籍ストアです。2011年よりサービスを開始し、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌など、国内最大級の品揃えを誇ります。読者の利便性を最優先に、いつでも、どこでも簡単に楽しめるサービスを提供しています。

●総合電子書籍ストア「ブックライブ」 https://booklive.jp/
●公式Twitter https://twitter.com/BookLive_PR

≪「使いやすい電子書籍ストア」No.1を獲得≫
2020年9月「電子書籍・電子コミックに関する調査」(実査委託先:ESP総研、調査対象:20~29歳)において、「使いやすい電子書籍ストア」部門で第1位を獲得しました。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
【株式会社BookLiveについて】
BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし、電子書籍ビジネスを担う企業として設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
URL: https://www.booklive.co.jp/

本文中に記載されている会社名、サービス名及び製品名等は各社の登録商標または商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む