カーボンナノチューブの市場規模、2026年に17億1400万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「カーボンナノチューブ (CNT) の世界市場 (~2026年):タイプ (単層・多層)・エンドユーザー産業 (エレクトロニクス&半導体・化学材料&ポリマー・構造用複合材料・エネルギー&ストレージ・医療)・手法・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月16日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1006621-carbon-nanotubes-cnt-market-by-type-single-walled.html




カーボンナノチューブの市場規模は、2021年の8億7600万米ドルからCAGR14.4%で成長し、2026年には17億1400万米ドルに達すると予測されています。特にAPAC(アジア太平洋地域)では、医療、航空宇宙・防衛、コーティングなどの用途でカーボンナノチューブの需要が急速に増加しています。

牽引要因:軽量で低炭素排出の自動車への需要の高まり

平均的な自動車には55ポンド以上の銅が使用されており、そのほとんどが銅線として使用されています。さらに、電気自動車での銅の使用量は、その3倍になります。自動車に使われる銅の量を減らせば、自動車全体の重量を大幅に減らすことができ、燃料消費量や二酸化炭素排出量を減らすことができます。カーボンナノチューブは、銅線に代わる軽量な素材として注目されています。燃費がよく、二酸化炭素の排出量が少ない軽量な自動車への需要が高まっていることから、メーカーは銅に代わる軽量な素材としてカーボンナノチューブを採用するケースが増えています。銅線の代替以外にも、ナノチューブは自動車の導電性シールドにも使用されています。

抑制要因:環境問題と健康および安全問題

ナノマテリアルの製造におけるナノ粒子やナノバイオテクノロジーの副産物の放出は、人間の健康と安全に深刻な脅威をもたらします。カーボンナノチューブは、テニスラケットから太陽電池まで、多くの製品に利用されており、環境への流入量も増加しています。ナノチューブが環境に与える影響については、まだ多くのことがわかっていません。また、藻類の成長にも悪影響を与えると言われています。高濃度のナノチューブは太陽光を遮断する層を形成し、藻類を刺激して塊を作り、光と空間を奪い、毒素を放出して飲料水を汚染し、動物や人間に病気を引き起こす可能性があります。カーボンナノチューブの製造に関しては、さまざまな弊害があるため、規制機関が管理しています。このことが、市場の成長を抑制する要因となっています。

市場機会:新用途での成長


カーボンナノチューブの、スポーツ用品や防弾ジャケットなど、複合材料用途での需要が急速に高まっています。エポキシ材料にカーボンナノチューブを使用することで、完成品の強度や機械的特性が向上します。また、これらの製品は、硬度、強度、軽量化を兼ね備えています。カーボンナノチューブは、ポリマーの機械的および化学的導電性を制御・強化するために使用され、帯電防止包装にも添加されています。その最も一般的な用途は、構造補強で、他の材料に添加することで、性能を向上させます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1006621-carbon-nanotubes-cnt-market-by-type-single-walled.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む