トライアンフモーターサイクルズ~モトクロスとエンデューロの世界に新規参入~

トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
トライアンフは、モトクロスとエンデューロに向けた最新型競技用モーターサイクルシリーズの開発が進んでいることを発表します。クラスをリードし、世界的にも名高いモーターサイクルカテゴリーに参入するこの最新型の競技用モトクロスおよびエンデューロシリーズは、トライアンフのエンジニアリング技術のすべてを世界中のライダーとレーサーに提供します。


 これにより、最新のトライアンフファクトリーレースプログラム、ならびにモトクロスシリーズおよびエンデューロシリーズの両方における最高峰のチャンピオンシップレースへ挑戦し、トライアンフとモトクロスおよびエンデューロレースの世界にとって画期的な瞬間になります。

 モータースポーツにおける最高峰のレースに参戦し、勝利を目指すため、このプロジェクトに密接に関連して、モトクロスの世界的レジェンドであるリッキー・カーマイケルと、エンデューロ世界チャンピオンに5回も輝いたイヴァン・セルバンテスが車両テストおよびレース準備の両方でアクティブパートナーとしてトライアンフファミリーに加わったことを発表します。

 このモーターサイクルの発売および発表に関するスケジュール、レースプログラム、および新型モトクロスとエンデューロシリーズに関する全容は、今後数か月以内に公開されます。

トライアンフ モーターサイクルズCEO ニック・ブロア
“本日の発表は、トライアンフブランドの新たなる章の幕開けを意味します。トライアンフの全員がこの新たな章に参加できることに非常に興奮しています。私たちは、新世代のトライアンフライダーたちに勝利に導くモーターサイクルラインナップを提供するというひたむきな野心を持って、この非常に競争が激しく、厳しい要求が課される世界において、長期的な影響を与えることにコミットします。”

リッキー・カーマイケル:
“トライアンフファミリーに参加できるだけでなく、オフロード製品カテゴリーへの新たな取り組みにも携われるということに、非常に興奮しています。これは私にとってこの歴史的なブランドに参加する素晴らしい機会であり、彼らのオフロードモーターサイクルの開発とリリースに参加できることを光栄に思います。ゼロから何かを構築することは、私のキャリアのこの段階において実に興味をそそられるものです。私にとって印象的なのは、トライアンフの献身的なスタンスとクラストップの製品を開発する情熱です。エンジニア、デザイングループ、研究開発部門など、私がこのプロジェクトを通して関わってきたすべての人は、自分たちの仕事に非常に情熱をもって取り組んでいます。それは成功の秘訣であり、私自身、参加するプロジェクトの大好きなところです。私たちは最高なものを生み出すための同じ情熱を共有しています。
 トライアンフブランドを良くご存知の方は、職人技の品質が最上級のものであることをすでにご存知でしょう。オフロードモデルもこれまでのモデルに追随します!
 この時期は、私にとってだけでなく、オフロード業界にとっても、競合がひしめく世界にもうひとつのブランドを登場させ、すべてのオフロードモデル購入者の将来にブランドを提供する機会がもたらされるエキサイティングな時期でもあります。 これらのモデルがディーラーのショールームに展示されたときの反応を見るのが待ちきれません。 ”

イヴァン・セルバンテス:
“小さい頃からトライアンフモーターサイクルが大好きで、映画やテレビで見ていました。このプロジェクトの初期段階からトライアンフとタイアップすることは、世界で最も優れたオートバイブランドの1つに協力させていただくということだけなく、ゼロから何かを構築することに参加しているという点で、私にとって素晴らしい機会になります。 レーサーであれば誰もが持つ夢が実現したのです!
 私と同じように、トライアンフで一緒に仕事をしている人は皆、バイクを最高のものにすることに集中しています。 開発されたバイクが世界レベルで競い合うことも待ちきれませんが、トライアンフのディーラーに立ったときに、非常に特別なこのプロジェクトに参加できたことを実感する瞬間を楽しみにしています。”

プロフィール:
リッキー・カーマイケル – 史上最高のライダー

リッキー・カーマイケル
モータースポーツの殿堂入りも果たしたこのライダーを改めて紹介する必要もないでしょう。リッキー・カーマイケルは史上最高のモトクロスレーサーです。 アマチュア時代、17歳でプロに転向する前にリッキーは合計67のアマチュアモトクロス全米選手権を制覇しています。 プロとしてのキャリアの中で、彼は記録的な15回のモトクロス選手権、全勝無敗パーフェクトシーズンを2回達成、さらに5つのスーパークロス選手権で優勝しています。 モトクロスとスーパークロスの両方で、リッキーは通算150回の優勝を成し遂げています。 パドックやファンの間でも人気の高いリッキーは、彼のキャリアの中で5回AMAライダーオブザイヤーに選出されています。
アスリートとしてプロレベルのモトクロスレースから引退して以来、リッキー・カーマイケルはチャンピオンシップ優勝チームのオーナー、デイトナスーパークロストラックの設計、リッキー・カーマイケル・ユニバーシティの運営、モンスターエナジーAMAスーパークロスのコメンテーターなど、彼が愛するモータースポーツに深く関わっています。 数十年におよぶ彼のモータースポーツに対する最もエキサイティングな開発の一環として、この度トライアンフとタッグを組みます。

プロフィール:
イヴァン・セルバンテス – モータースポーツ界の雄

イヴァン・セルバンテス
5度の世界タイトルを獲得しているイヴァン・セルバンテスのレースキャリアは、2002年にエンデューロに移る前に、スペイン人ライダーの彼が5つの国内タイトルを獲得したモトクロスで始まりました。 23歳のとき、イヴァンはエンデューロGPE1カテゴリーで最初のスペインチャンピオンになることで歴史を築きました。 これに続いて、EnduroGPでさらに3つの世界選手権タイトルとFIMインドアエンデューロワールドカップチャンピオンシップタイトルを獲得しました。 2008年、イヴァンは第83回インターナショナルシックスデイエンデューロで、スペイン人初、唯一の総合優勝者になりました。 エンデューロでのキャリアに続いて、イヴァンは次なる挑戦のためにダカールにフォーカスしました。そこで彼は3つのレースに参戦し、間違いなく世界で最も過酷なモーターサイクルレースを2度走破しました。
プロレベルのレースから引退した後、イヴァンはスペインにてエンデューロのスポーツマネージャーとしてReal Federación Motociclista Españolaでのキャリアをスタートしました。 このポストにおいて、イヴァンはスペインジュニアエンデューロチームのマネージャーであり、スペイン全国エンデューロ選手権のトラックインスペクターを務めています。 イヴァンは、彼に多大な貢献をしたモータースポーツに恩返しをすることに重点を置いており、一生に一度の新しいオフロードプロジェクトに取り組む機会としてトライアンフに加わります。

トライアンフについて


1902年に設立されたトライアンフ・モーターサイクルズは、2020年、バイクメーカーとして創立118周年を迎えました。トライアンフ・モーターサイクルズは30年以上にわたり、イギリス・レスターシャー州ヒンクレーで、正統なデザイン、エンジン特性、魅力、そして性能を併せ持った象徴的なバイクを作り続けています。
会計年度2021年では75,000台以上のモーターサイクルが納車され、世界中に700近くのディーラーがあります。トライアンフは英国最大のモーターサイクルメーカーです。
圧巻の新型Speed Triple 1200 RSおよびTrident 660、壮大な新型Tiger 900、世界をリードするRocket 3 RおよびGT、高性能なStreet Triple 765 RS、象徴的なScrambler 1200、オンロードを快適に駆け抜け、過酷なオフロードを走破するTiger 1200、Bonneville Bobberを含む2021年モデルでアップデートされた伝説的なTriumph Bonnevilleファミリー、Thruxton RS、Street Twin、Street Scrambler、印象強いBonneville T120/T100、さらに、エキサイティングでアクセシブルなA2モデル。このフォーカス、イノベーション、エンジニアリングの情熱により、すべてのライダーに合う幅広いオートバイが誕生しています。
トライアンフでは現在、約2000人の従業員が働いており、イギリス、北米、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、日本、スエーデン(スカンジナビア)、ベネルクス、ブラジル、インド、中国、そしてタイで子会社を運営しています。独自の流通ネットワークも有しています。トライアンフは、レスターシャー州ヒンクレーおよびタイに製造工場、ブラジルおよびインドにCKD工場を保有しています。
Triumph Bonnevilleのそのモデル名は、Triumphが1956年に地上速度記録を樹立した米国ユタ州のボンネビル・ソルトフラッツに由来しています。まさに、英国オリジナルのスーパーバイクとレースの勝者を誕生させたオートバイであると言えます。過去、著名なライダーたちに選ばれつづけた理由は、伝説的なハンドリング、スタイル、そしてそのキャラクターにありました。2021年モデルに向けてアップデートされたことで、パフォーマンス、機能、スタイルがさらに向上し、それらをライダーに焦点を当てた現代の技術と組み合わせることにより、世界でもっとも優れた本物のモダンクラシックバイク、ボンネビルシリーズが誕生しました。
トライアンフには輝かしいレースの歴史があり、モータースポーツの成績においてほぼすべてのクラスとカテゴリーに参戦し、レースで数々の勝利を収めています。2度目の参戦となった1908年のマン島TTでの勝利や1960年代ヨーロッパとアメリカでのロードおよびトラックレースでの席巻から、2014年のデイトナ200マイルや2014年マン島スーパースポーツTTで優勝した675cc 3気筒エンジンでの活躍、2014年および2015年のブリティッシュスーパーバイク選手権でのタイトルとスーパースポーツ世界選手権や、そして2019年、Peter Hickmanがハンドルを握ったマン島スーパースポーツTTでの勝利など、現代のレースの実績に至るまで輝かしい成績を収めています。
トライアンフのレースの伝説は、2019年シーズンの開始以来、FIM Moto2™世界選手権への独占的なエンジンサプライヤーとして継続しています。トライアンフ・モーターサイクルズは、すべてのチームにレース用のチューニングが施された765ccトリプルエンジンを提供します。各エンジンは、クラスをリードするStreet Triple RSのパワープラントを基盤としています。トライアンフ時代の幕開けとなった初年度は、Moto2™ 初となる300km/hオーバーを含む記録ラッシュに沸きました。2020年シーズンはさらに加速し、ラップレコード更新は11回、15レースから7名の異なる勝者が誕生しました。
トライアンフのレース活動は、2021年、ブリティッシュスーパースポーツ選手権でファクトリーサポートのレースチームであるDynavolt Triumphと共にブリティッシュスーパーバイクパドックに戻ることでさらに強化されます。
2021年、トライアンフはモトクロスとエンデューロの両方のシリーズで最高峰のチャンピオンシップレースに取り組むことを約束し、モトクロスとエンデューロの世界への参入と新しいファクトリーレースの取り組みを発表しました。



トライアンフ公式ウェブサイト
http://www.triumphmotorcycles.jp/
トライアンフコール TEL 03-6809-5233
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む