フォークリフト市場、2026年に729億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「フォークリフト市場:世界の業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会・将来予測 (2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月15日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc988316-forklift-trucks-market-global-industry-trends.html


市場概要
フォークリフト市場は、2020年に54億7,000万米ドルの価値に達しました。今後は、2021年から2026年の間に4.51%のCAGRで成長し、2026年には729億米ドルに達すると予想されます。

フォークリフトとは、商品や材料の積み下ろしや短距離輸送を行うための、2本の水平な突起で構成された産業機械です。フォークリフトは通常、訓練を受けた機械工によって操作され、電気バッテリーまたは内燃機関によって駆動されています。フォークリフトトラックは、トラックフレーム、カウンターウェイト、フォークリフト、キャリッジ、油圧シリンダーなど、さまざまなコンポーネントで構成されており、複数の産業作業を効率的に行うことができます。これらの利点により、自動車、航空宇宙、輸送、小売、製造、建設など様々な業界の倉庫、工場、造船所などで幅広く使用されています。




市場の動向及び成長要因
急速な工業化に伴う建設業界の成長は、市場の成長を促す重要な要因の一つです。フォークリフトトラックは、経済性が高く、使い勝手がよく、パワフルでメンテナンスも簡単です。その結果、様々な工業的作業の実行や、木材、スチール、モルタルなどの重い建設資材の取り扱いに広く使用されています。さらに、新興国では倉庫の数が増えていることも、フォークリフト市場の成長を後押ししています。これらのトラックは、物流センターや倉庫で、保管棚から荷物を積み下ろししたり、組み立てラインに部品を運んだり、さらに効果的な取り扱いのために材料を位置決めしたりするために使用されます。また、水素を燃料とする燃料電池フォークリフトの開発など、さまざまな製品イノベーションも市場の成長にプラスの影響を与えています。これらの製品は、二酸化炭素排出量を大幅に削減し、全体的な作業効率を向上させます。また、生産性向上を目的とした技術の進歩や、広範な研究開発活動なども、市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。

主要な市場区分
世界のフォークリフト市場は、製品タイプ、技術、クラス、アプリケーション、地域などに基づいて分類されています。

製品タイプ別の内訳は以下の通りです。
カウンターバランス型フォークリフトトラック
倉庫用フォークリフトトラック

技術別の内訳は以下の通りです。
電気駆動
内燃機関式

クラス別の内訳は以下の通りです。
クラスI
クラスII
クラスIII
クラスIV
クラスV

アプリケーション別の内訳は以下の通りです。
非工業用
倉庫・配送センター
建設現場
ドックヤード
除雪機
工業用
製造業
リサイクル事業

地域別の市場区分は以下の通りです。
北アメリカ
アジア太平洋地域
ヨーロッパ
ラテンアメリカ
中近東・アフリカ

市場の競合状況
世界のフォークリフト市場における主要な企業としては、Clark Material Handling Company、Crown Equipment Corporation、Godrej & Boyce、Hyster-Yale Materials Handling Inc.、Hyundai Heavy Industries Co. Ltd., Jungheinrich, KION Group, Mitsubishi Forklift Trucks, Toyota Industries Corporationなどが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988316-forklift-trucks-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む