電子料金収受(ETC)システム市場、2026年に172億3,000万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「電子料金収受(ETC)システムの世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月15日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc988314-electronic-toll-collection-market-global-industry.html




市場の概要
電子料金収受(ETC)システム市場は、2020年に97億8,000万米ドルの規模に達しました。同市場は2021年から2026年の間に年率9.35%で推移し、2026年には172億3,000万米ドルに達すると予測されています。ETC(Electronic Toll Collection)システムは、高性能のカメラやセンサーを利用して料金所で様々な機能を実行する自動化されたメカニズムです。ETCは、車両の登録プレートの画像をキャプチャし、車両に取り付けられたトランスポンダをスキャンして、車両が料金所を通過する際に自動的に正しい料金を徴収します。ETCは、ビデオ分析、DSRC(Dedicated Short-Range Communications)、GPS(Global Positioning System)、GNSS(Global Navigation Satellite System)などのさまざまな高度なソリューションを利用して、料金徴収と車両追跡を行います。これにより、旅行者の移動時間が短縮され、キャッシュレス機能が提供され、料金所での混雑が緩和され、料金の支払いが迅速に行われます。

市場の成長要因
スマート交通システムの開発と、効果的な交通管理ソリューションへの要求の高まりは、市場の成長を促進する主な要因の一つです。さらに、世界的に人口が急増しており、路上走行する自動車が増えていることから、高速道路の料金所での混雑を管理するために、発展途上国でETCシステムの導入が進んでいます。さらに、車両に搭載されたリアルタイム追跡・監視装置の利用や、RFID(Radio Frequency Identification)センサーの採用など、さまざまな技術的進歩も市場の成長を後押ししています。これらのシステムは、通行料の徴収以外にも、盗難車の追跡や速度超過車両の管理にも役立ちます。また、交通インフラ整備のための政府の優遇政策や、大規模な研究開発活動、自動車分野での自動化の進展などの要因も、市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。

主要な市場区分
電子料金収受システム市場は、テクノロジー、システム、サブシステム、オファー、トールチャージング、用途、地域に基づいて分類されています。

テクノロジー別の内訳は以下の通りです。
RFID
DSRC
その他

システム別の内訳は以下の通りです。
トランスポンダーまたはタグベースの料金収受システム
その他の料金収受システム

サブシステム別の内訳は以下の通りです。
自動車両識別
自動車両分類
違反取締りシステム
トランザクション処理

オファー別の内訳は以下の通りです。
ハードウェア
バックオフィスおよびその他のサービス

トールチャージング別の内訳は以下の通りです。
距離ベース
ポイントベース
時間ベース
境界線ベース

用途別の内訳は以下の通りです。
高速道路
都市部

地域別の内訳は以下の通りです。
北アメリカ
アジア太平洋地域
ヨーロッパ
ラテンアメリカ
中近東・アフリカ

市場の競合状況
電子料金収受システム市場における主要な企業としては、3M社、Conduent Business Services LLC社、Cubic Transportation Systems Inc社、Efkon AG社、Kapsch Trafficcom AG社、Q-Free社、Raytheon Company社、Schneider Electric社、Siemens AG社、Thales Group社、Trans Core社、Transurban Limited Ltd.社などが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc988314-electronic-toll-collection-market-global-industry.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む