自動船位保持システム市場、2026年に105億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動船位保持システムの世界市場 (~2026年):機器タイプ (クラス1・2・3)・用途 (ばら積み貨物船・ガスタンカー・フェリー・クルーズ船・水陸両用・駆逐艦・フリゲート艦)・エンドユーザー (OEM・改修)・タイプ・サブシステム・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月15日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1006620-dynamic-positioning-systems-market-by-equipment.html




自動船位保持システム市場は、2021年の63億米ドルから10.7%で成長し、2026年には105億米ドルに達すると予測されています。海上貿易の拡大と貨物輸送業界の成長が、自動船位保持システム市場を牽引する主な要因の一つです。

COVID-19による自動船位保持システム市場への影響

自動船位保持システムメーカーは、COVID-19の影響で、生産活動の停止に追い込まれています。COVID-19パンデミックに伴う政府の輸送規制により、船舶およびその部品メーカーは、サプライチェーンの混乱による操業問題に直面しています。海運業界が直面している主要な課題の一つは、船舶のメンテナンスが行われず、運航に支障をきたしていることです。その結果、不定期に発生する故障のために、海運業に遅延や障害が発生しています。また、パンデミックによる渡航制限も、エンジニアが定期的な修理を行う上での大きな課題となりました。パンデミックの期間中、主要企業は前年度に比べて収益が減少しました。また、需要が少ない上に船舶の稼働率が低いため、船舶のコストが高くなっています。海運業界は、COVID-19によって引き起こされた課題を克服するために努力することが必要になります。

牽引要因世界的な海上貿易の増加

船舶は他の輸送手段に比べて経済的であるため、海上ルートを使って取引されるバルク貨物は年々増加しており、世界的な海上貿易の増加につながっています。運賃が競争力のかなめとなっており、船舶が重量物や大量の商品を輸送するのに適していることから、世界の貿易の90%は海上ルートで行われています。国連貿易開発会議(UNCTAD)の発表によると、世界人口の増加、世界の国内総生産(GDP)の上昇、アジア諸国を中心とした可処分所得の増加、生活水準の向上などにより、2019年の世界の海上貿易量は約128億トンに達しています。海上での物資輸送が造船需要を牽引し、ひいては自動船位保持システムの需要増につながると予想されます。

市場機会:自律型船舶産業

海運業界でも、画期的な技術革新が行われております。業界のさまざまな企業が、自律型船舶の開発に力を注いでいます。これらのプロジェクトは、将来的に航行可能な水域において、人の手を介さずに貨物や乗客を輸送する目的で開発されています。

課題熟練したオペレーター操作する複雑なシステム
自動船位保持システムは、コンテナへの風の影響やスラスターの位置などの情報をコンピュータで制御するシステムであり、訓練を受けていない人が操作するのは容易ではありません。自動船位保持システムは現在、オフショア産業のオペレーションに欠かせないものであり、これらのシステムを操作するためには、特別な訓練を受けた高度なスキルを持つオペレーターが必要となります。オペレーターは、自動船位保持システムを搭載した船舶の円滑な運用に責任を持つ重要な役割を担っています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1006620-dynamic-positioning-systems-market-by-equipment.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む