自動車用サスペンションの市場規模、2026年に507億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動車用サスペンションの世界市場 (~2026年):アーキテクチャ・システムタイプ・アクチュエーション・コンポーネント・車両区分 (ICE・BEV・HEV・PHEV)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月15日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1006543-automotive-suspension-market-by-architecture.html




自動車用サスペンションの市場規模は、2021年の429億米ドルからCAGR3.4%で成長し、2026年には507億米ドルに達すると予測されています。この需要は、車両の快適性と安全性に対する需要の増加と、HCVへのエアサスペンションシステムの採用によってもたらされています。

COVID-19の自動車用サスペンション市場への影響

COVID-19の発生は、自動車業界のサプライチェーン全体に深刻な影響を与えています。パンデミックによる生
産や物流の停止は、自動車業界の原材料サプライヤーにも影響を与えています。COVID-19により、主要な自動車メーカーが、2020年の前半に生産を停止しなければならなかったため、同セクター全体の成長に影響を与え、特に欧州および北米諸国における、自動車用サスペンション市場の成長にも影響がおよびました。しかし、2021年は自動車産業の回復期であることから、サスペンションシステムの需要は増加すると予想されています。

牽引要因:車両の快適性と安全性に対する需要の高まり

ここ数年、世界的にSUVの需要が拡大しています。SUVおよびサブコンパクトSUV市場は、低価格、コンパクトサイズ、先進的なデザイン、優れた操縦性により、米国、中国、インド、メキシコなどで大きな成長を遂げています。これにより、マルチリンクサスペンションの装着率が高まっています。マルチリンクサスペンションの低価格化と調整のしやすさから、中・高セグメント車への搭載が増加しています。Mahindra Scorpio、Volkswagen Tiguan、Kia Sportなどは、マルチリンクサスペンションを搭載した一般的なSUVです。SUVは一般的に、前輪と後輪に独立したサスペンションを採用しています。そのため、独立型サスペンションシステムの需要が高まっています。依存型サスペンションであるリーフスプリングサスペンションは、従来、すべての中型・大型トラックおよびバスに使用されていました。現在、リーフスプリングは、乗客に最高の快適さと贅沢さを提供するエアサスペンションに取って代わられつつあります。そのため、快適性や高級感への要求が高まっており、世界的に独立型サスペンションシステムの需要が高まっています。

抑制要因:独立型サスペンションシステムの標準化遅れ

サスペンションシステムが車種ごとに標準化されれば、Tier1メーカーや部品メーカーのサスペンションシステムの大量生産に役立ちます。これは、各モデルに特定のサスペンションタイプが存在することになり、全体的な製造コストの削減につながると考えられます。OEMとサスペンションサプライヤーは、供給契約を結ぶ際に、重要なパラメータに関する独立したサスペンションの標準化を確立することができます。これは、OEMとサスペンションサプライヤーの双方にとって、Win-Winの関係をもたらします。このように、メーカーは、標準化がなされていない各国の嗜好を観察し、市場での競争力を維持しなければなりません。好みの変化や、新規制の導入に対応するため、メーカーは投資先を変更しなければなりません。また、部品メーカーはTier1サプライヤーの需要に依存しているため、このことは部品メーカーに直接影響を与えます。また、サスペンションシステムのメーカーは、標準化が進んでいないため、車種ごとに異なる構造に対応することが困難になっています。このことが、近い将来、自動車用サスペンション市場の成長を抑制することが予想されます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1006543-automotive-suspension-market-by-architecture.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む