植物エキスの市場規模、2026年に553億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「植物抽出物の世界市場 (~2026年):タイプ (植物薬&ハーブエキス・スパイス・エッセンシャルオイル・フレーバー&フレグランス)・用途 (医薬品&栄養補助食品・食品&飲料・化粧品)・原料・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月15日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/mama1006545-plant-extracts-market-by-type-phytomedicines.html




植物エキスの市場規模は、2021年の308億米ドルからCAGR6.0%で成長し、2026年には553億米ドルに達すると予測されています。健康志向の高まりや、ビーガン(完全菜食主義)の増加などが、植物エキス市場を牽引しています。国連によると、2021年の時点で、世界のヴィーガン人口は約7900万人に至りました。この数字は、消費者の間で、植物由来の食品を摂取するメリットが注目されていることに起因します。植物性食品に対する消費者の認識の変化に伴い、主要な食品・飲料メーカーの中には、自社の主要な最終製品に植物性原料を含めることを戦略的に検討しているところもあります。このことが、メーカーの植物エキス製品に対する需要を喚起しています。植物エキスの中でも、ハーブエキス、エッセンシャルオイル、フレーバーは、高い人気を得ている主要製品です。

COVID-19が植物エキス市場に与える影響

COVID-19に対する薬用植物エキスの使用を述べた研究があります。研究者たちは、COVID-19に対抗するために薬用植物エキスを研究しています。世界保健機関(WHO)のガイドラインでも、人々が免疫力を高める食品を摂取することを提案しています。そのため、医薬品・栄養補助食品業界では、免疫力を高める特性を持つ薬用植物エキスの需要が急増しています。

しかし、世界的なロックダウンは農業にも影響を与え、薬用植物エキスの原材料の供給にマイナス影響を与えています。COVID-19の物流への影響は、原材料の価格上昇にもつながり、薬用植物エキスメーカーのコストを押し上げる要因となっています。このパンデミックの状況では、輸送に課題が残るため、メーカーは地元の原材料サプライヤーに大きく依存しています。原材料価格の上昇と薬用植物エキスの需要の増加により、薬用植物エキス価格の上昇が考えられます。

牽引要因:天然香料の需要増加

食品香料は、自然界に有害な影響を及ぼすこともあります。昨今では、使用される食品添加物に対する関心から、その安全性や潜在的な健康リスクに関する懸念が高まっています。消費者は、合成成分を含む食品・飲料を摂取する悪影響を、ますます意識するようになっています。健康団体や食品安全協会は、食品・飲料に人工調味料を使用することを禁止しています。FDAは、禁止された香料の代替として、天然抽出物を安全な選択肢として薦めています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1006545-plant-extracts-market-by-type-phytomedicines.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む