「キリン 午後の紅茶 for HAPPINESS 熊本県産いちごティー※1」「熊本県産素材のおいしさ」への高い評価と「熊本の復興応援」への共感で大好評!発売から約1カ月で販売予定数量の約6割を突破

キリンホールディングス株式会社
 キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹 以下 キリンビバレッジ)が2021年6月1日(火)に数量限定で発売した「キリン 午後の紅茶 for HAPPINESS 熊本県産いちごティー」(以下「熊本応援いちご午後ティー」)が、発売から約1カ月で早くも販売予定数量の約6割を突破しました。  ※1 果汁0.1%


 本商品は、2021年に発売35周年を迎える「キリン 午後の紅茶」ブランドから新たに始動したCSV※2活動「午後ティーHAPPINESSプロジェクト」の第1弾として発売しました。「午後ティーHAPPINESSプロジェクト」とは、復興応援先の国産素材を使用した「午後の紅茶 for HAPPINESS」シリーズの発売、ならびに売上に応じた寄付による継続的な国内復興応援プロジェクトです。
 第一弾は、熊本県オリジナルいちご「ゆうべに※3」と熊本県産紅茶葉※4を使用しており、商品を通じて熊本県の魅力を全国に発信するとともに、売上1本につき3.9(サンキュー)円を熊本復興応援のために活用します。
※2 Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造
※3 2020年で熊本県において最も生産量の多い人気のいちご品種
※4 5%使用
 「午後の紅茶」は、本活動を通じて、復興に向けて前へ進む方々の思いと、全国のお客様の応援の気持ちをつなぎ、より多くの皆さまの心ときめく幸せに寄り添えるよう、今後も復興応援活動を続けていきます。


「熊本応援いちご午後ティー」の好調について
・2014年以降に発売した当社の限定商品80種類以上の中で、発売初週の販売金額(1店舗当たり)が最高※5を記録しました。加えて、「熊本応援いちご午後ティー」発売時は、紅茶市場における「午後の紅茶」の販売シェア(金額)が2021年で最も高くなる※6など「午後の紅茶」ブランド全体が好調に推移しています。
※5 インテージSRI 2014年1月~2021年6月 量販計 500PET ホット除く
※6 インテージSRI 紅茶カテゴリー 量販計

<好調の要因>
●いちごのおいしさや香りが好評
・お客様からは、「爽やかな甘さでおいしい」「いちごのいい香りがする」といった味や香りへの高い評価をいただいています※7。
※7 2021年6月 当社調べ
●熊本の復興応援への共感
・本商品は売上1本につき3.9(サンキュー)円が寄付される、「午後の紅茶」ブランド初の“国内復興応援型商品”です。お客様からは「飲むだけで役に立てる」「復興支援に少しでも貢献できるとうれしい」といったお声が多く寄せられ、SNSなどでも復興応援への共感の輪が広がっています。
(C)2010熊本県くまモン

<熊本県営業部長兼しあわせ部長「くまモン」からのコメント>
「熊本応援いちご午後ティー」で、熊本県のオリジナルいちご「ゆうべに」と「紅茶葉」をみなさんに知ってもらえて、たいぎゃうれしかモン。いつか熊本にも遊びに来てはいよ!


 キリングループは、自然と人を見つめるものづくりで、「食と健康」の新たなよろこびを広げ、こころ豊かな社会の実現に貢献します。


-記-
1.商品名          「キリン 午後の紅茶 for HAPPINESS 熊本県産いちごティー」
2.発売地域      全国
3.発売日      2021年6月1日(火)
4.容量・容器     500ml・ペットボトル
5.価格(消費税抜き希望小売価格)  140円

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む