川崎市教育委員会主催の子ども向けワークショップ「自由や権利について考えてみよう」に文京学院大学外国語学部甲斐田万智子ゼミの学生が講師として参加

文京学院大学
~講座「世界の子どもについて知ろう」を7月30日(金)に実施~

 文京学院大学(学長:櫻井隆)は、川崎市教育委員会主催の子ども向けワークショップ「自由や権利について考えてみよう」に、外国語学部の甲斐田万智子教授(専門分野:国際協力・子どもの人権・開発教育・国際理解教育)のゼミに所属する学生が参加し、「世界の子どもについて知ろう」の講座を7月30日(金)神奈川県川崎市教育文化会館にて実施することをお知らせいたします。



ワークショップ「自由や権利について考えてみよう」概要



 今回、本学外国語学部の学生が講師を務める子ども向けワークショップは、川崎市教育委員会が主催し、夏休みを楽しく過ごしてもらえるように川崎区内の小学生を対象としたワークショップです。
 その中で【平和・人権・男女平等推進学習1】「自由や権利について考えてみよう」という連続講座が、7月27日(火)~30日(金)、8月5日(木)の全5回実施され、参加する小学生には、「不自由」や「自由」、世界の子どもたちについて体験を通じて学び合い、最後にそれを表現する機会となっています。
 この度、国際協力・子どもの人権などを研究する外国語学部甲斐田万智子教授のゼミに所属する学生が、7月30日(金)の回に講師として参加し、「世界の子どもについて知ろう」というテーマでワークショップを実施します。

■開催概要
【開催日】7月27日(火)~30日(金)、8月5日(木)
【会場】川崎市教育文化会館 4階 第1・2学習室
【対象】関心のある小学3~6年生
【学生講師日時】7月30日(金)10:00~12:00
【講座名】世界の子どもについて知ろう

■外国語学部講師を担当する学生コメント
 私たちは、カンボジアと日本を中心として子どもの権利が保障される社会の実現について研究活動を行っている甲斐田万智子先生のゼミに所属し、子どもの権利について啓発する活動を行っています。
 今回、私たちが担当する講座では、子どもたちに自分たちが持つ権利を理解してもらい、世界の子どもたちの現状についても関心を持つきっかけになるようなワークショップにしていきたいと考えております。

■外国語学部甲斐田万智子教授について


本学外国語学部教授、認定NPO法人国際子ども権利センター(C-Rights)代表理事。日本ユニセフ協会勤務後、ブータン、インドに滞在し、後にシーライツに入職。
カンボジアで児童労働・人身売買防止事業に従事。編著『世界中の子どもの権利をまもる30の方法』(合同出版、2019年)、共編著『小さな民のグローバル学:共生の思想と実践をもとめて』(ぎょうせい、2016年)、共著『児童労働撤廃に向けて』(アジア経済研究所、 2013年)など。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む