昭和というネットもスマホもない時代、あのころの私がここにいる。遠くなった昭和のかたちを描いた小説。

株式会社パレード
パレードブックスは、2021年7月20日(火)に『昭和のかたちの愛』(著:言田みさこ)を全国書店で発売いたします。



パレードブックス新刊

『昭和のかたちの愛 小さな芸術家 春の寂寥』(著:言田みさこ)

純白の美の片鱗を持つ女性像
ひとつは内側から
<道子>の気持ちや考えの中に…
ひとつは外側から
<私>という見苦しい世間があぶりだす悲恋の中に…
心の内側からと、世間という外側から描いた2つの小説集



「小さな芸術家」
戦後の貧しい家に養女として育った道子。
実の母の冷徹さを許容しながら、嘆くことなく、愛を求め、自分の夢や考えを胸に歩いてきた。
家族を亡くし、孤独と疎外感のなかで、ひとり生きていくことを決めた道子の目の前に、夢にまで見た大きな光が…。

「春の寂寥」
私は、思春期の人間関係からの教訓で、何事もほどほどにという信念を持ってきたはずだった。
ある時、勤め先である田舎のガソリンスタンドで起きた、愛憎のもつれ。持ち前の正義感から関係を解きほぐそうと、私の起こした行動が思わぬ悲劇を生むことになる。

出版社コメント
チリの音楽家ホアキン・プリエートが1958年につくった歌曲『ラ・ノビア』。日本でペギー葉山、美空ひばりといった昭和の歌姫たちによってカバーされたこの歌の歌詞が、この作品の意図するところと重なることを出版間近になって著者は気づいたという。昭和という時代に想いを馳せる。


著者紹介

言田みさこ(いいだみさこ)
1949年生まれ。神奈川県出身。女子大中退。
著書:自分史『そよ風と風船』(文芸社)
長編小説『白夢の子』(東京図書出版)


書籍情報

書籍:昭和のかたちの愛 小さな芸術家 春の寂寥
著者:言田みさこ(いいだみさこ)
出版社:パレード
発売日:2021年7月20日
ISBN:978-4-434-29065-7
仕様:四六判/並製/202ページ
定価1,320円(本体1,200円+10%税)
Paradebooks:https://books.parade.co.jp/category/genre01/978-4-434-29065-7.html
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4434290657


出版社情報



母体である株式会社パレードはデザイン制作会社。プロの技術と知識により、優れたデザインと高い品質であなたの本づくり&出版をトータルサポートします。

パレードブックスの自費出版
URL:https://www.p-press.jp
TEL:0120-123455
Mail:paradebooks@parade.co.jp

パレードブックスの書籍紹介
URL:https://books.parade.co.jp

【会社概要】
商号:株式会社パレード
大阪本社:大阪府大阪市北区天満2-7-12
東京支社:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-10-7
代表取締役:原田直紀
設立:1987年10月20日
資本金:4000万円
事業内容:広告企画・アートディレクション、グラフィックデザイン全般、Webサイト企画・制作、出版事業『パレードブックス』
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む