政府の「全世代型社会保障に関する広報の在り方会議」に参画し、会議構成員としてインターブランドが執筆に加わった書籍「広報DX 次世代の社会を担う 情報発信の新指針」が出版

株式会社インターブランドジャパン

日本最大のブランディング会社である株式会社インターブランドジャパン(東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:並木将仁)のエグゼクティブ・ディレクター薄 阿佐子が執筆に参画いたしました書籍「広報DX 次世代の社会を担う 情報発信の新指針」(株式会社宣伝会議)が、2021年6月28日、全国の有力書店ならびにオンライン書店に上梓されました。
本書籍は、「広報におけるデジタルトランスフォーメーションをいかに達成させるか」をテーマに、2020年に首相官邸 秋葉内閣総理大臣補佐官室(当時)によって開かれた「全世代型社会保障に関する広報の在り方会議」の構成員によって書き下ろされたもので、当社より本会議に参加した薄 阿佐子が、本書「第7章 ブランディングと広報」を担当、執筆いたしました。

<執筆者陣>

秋葉賢也/衆議院議員、前内閣総理大臣補佐官:編者
砂金 信一郎 LINE/政府CIO補佐官
伊沢 択司 QuizKnock CEO
岡田 聡 ヤフー メディアチーフエディター
河井 孝仁 東海大学文化社会学部 広報メディア学科 教授
佐久間 智之 PRDESIGN JAPAN 代表取締役
薄 阿佐子 インターブランドジャパン エグゼクティブディレクター
田代 光輝 慶應義塾大学 政策メディア研究科 特任教授
立谷 光太郎 博報堂 顧問
殿村 美樹 地方PR機構 代表理事
富永 朋信 プリファードネットワークス 執行役員CMO
森下 郁恵 宣伝会議

Amazon: https://www.amazon.co.jp//dp/4883355187


インターブランドについて
インターブランドは、1974年ロンドンでの設立以来、40年以上にわたり、常に世界をリードするブランディング専門会社として、戦略、クリエイティブ、テクノロジーの組み合わせにより、クライアントのブランドとビジネス双方の成長を促進する支援を行っています。
社会環境の不確実性が増す一方で、選択肢はかつてないほど豊富となりイノベーションのスピードが加速を続ける時代の中で、顧客の期待はビジネスよりも速く動き、価値観も変化し多様化しています。変化を続ける人々のインサイトの奥に潜む真理を探求し、その想いや期待するところをいち早く捉え、期待を超える体験を提供することを決断し、実践すること。インターブランドではこうした決断と実践のアクション(Iconic Moves™️)が必要だと考えています。
インターブランドではISO(国際標準化機構)により世界で最初にブランドの金銭的価値測定における世界標準として認められた「Brand Valuation™(ブランド価値評価)」をはじめとする先端的な分析手法を用いる戦略チームと、数多くの受賞歴と高い創造性を持つクリエイティブチームが一つのチームとなり、分析から戦略構築、クリエイティブ開発、社内外エンゲージメント、そしてブランドを経営指標に取り入れ組織革新を実現するサポートまで、全ての流れを自社のリソースで完結しプロジェクトを推進します。
インターブランドジャパンについて
インターブランドジャパンは、ロンドン、ニューヨークに次ぐ、インターブランド第3の拠点として、 1983年に東京で設立されました。「カスタマー・エージェンシー」として、オンラインコミュニティ運営、顧客との共創ワークショップなどを通じて経営に顧客視点を組み込む支援をグローバルで展開しているグループ会社 C Space(本社:ボストンおよびロンドン、国内拠点:東京都渋谷区)とともに、日系企業、外資系企業、政府・官公庁など様々な組織・団体に対し、トータルなブランディングサービスを提供しています。インターブランドジャパンについての詳しい情報はhttps://www.interbrandjapan.comをご覧ください。


お問い合わせ
株式会社インターブランドジャパン  担当:中村正道、山室元史、岡本カヨ、齋藤麻菜美
Tel: 03-5448-1200 Fax: 03-5448-1052 e-mail: ibj-pr@interbrand.com

LinkedIn (https://www.linkedin.com/company/interbrand-japan/)
Twitter (https://twitter.com/InterbrandJapan)
Facebook (https://www.facebook.com/interbrandtokyo/)
Instagram (https://www.instagram.com/interbrand_japan/)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む