カルティエ現代美術財団『横尾忠則:The Artists』展を7月21日より開催

カルティエ

(C)Masaya Yoshimura

カルティエ現代美術財団は、2021年7月21日より、21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3にて、『横尾忠則:The Artists』展を開催いたします。横尾忠則の絵画の世界に浸ることのできる展覧会です。アーティスト、哲学者、科学者など、当財団の依頼で横尾忠則が描いた肖像画のシリーズ全139作品が織り成す星座は、カルティエ現代美術財団というフランスの文化機関の歴史を刻んだ人々へのオマージュとなっています。横尾は人物の特異性を生かし、キャンバスを芸術的な実験の遊び場に変え、ユニークなキャラクターの個性を表現。横尾の計り知れない独創的な才能をまとめて展示する肖像画ギャラリーが出現します。

(C)Masaya Yoshimura

肖像画の回廊
2014年、カルティエ現代美術財団が設立30周年を迎えるにあたり、横尾忠則を招き、1984年の創設以来、財団における展覧会の歴史として刻んできた人々の肖像画を依頼しました。横尾はこの挑戦に自由闊達に向き合い、絵画による冒険に乗り出します。日に1作品か2 作品、ときに3 作品というペースで3ヶ月の時間をこの肖像画の制作のみに費やし、石上純也や川内倫子、アニエス・ヴァルダ、蔡國強など、世界中の芸術家や思想家、批評家や科学者らの肖像画の制作に取り組みました。油彩画の技法や33cm×24cmというサイズは作品のすべてに共通していますが、表現においては実に多彩なスタイルが試みられています。「変化は創造である」と名言しているこの芸術家にとって、キャンバスは無限の実験空間。新たな表現方法を展開できる場であり、グラフィックとイメージとの戯れの場でもあるのです。

(C) Tadanori Yokoo (C) Andre Morin

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3での展覧会
本展の空間構成においては、人々を映画的な旅へと誘い、あたかも無限の会話の広がりを思わせるリボンのように作品を紹介します。各作品と拡大した作品ディテールが響き合い織りなされる世界によって、会場を訪れる人々は、横尾絵画の宇宙、さらにはその可能性の探求へとひき込まれることでしょう。
横尾忠則の世界を一層深く伝えるのが、映像作家の岡本憲昭が本展のために制作した映像です。東京都内にあるアトリエで横尾は、カルティエ現代美術財団との関係や21_21DESIGN SIGHTの創立者でもある三宅一生との関係について心のままに語っています。
本展のポスターも横尾忠則によって制作されました。三宅一生やサラ・ジー、マーク・ニューソン、ロン・ミュエクらの肖像画の宇宙が影として描かれ、謎めいている横尾の自画像をとり囲んでいます。そこでは、描かれる対象であるアーティストのみならず、横尾本人に関してもまた、肖像画の制作を通して語られるのだということが示唆されています。本シリーズの制作を通して画家が改めて見いだすのは、自身の絵画のエッセンスそのものであり、「私は発見するために描く。私はいまだ新たな自分自身を探している」と語る創造の原動力です。カルティエ現代美術財団という「大きなオーケストラ」の結成を示すものであると同時に、肖像画によって横尾忠則が描きだす世界、それは、アーティストとの関係こそが活動において何よりも重要であるとする当財団の精神に他なりません。

(C) Tadanori Yokoo (C) Andre Morin

美術財団を巡るさまざまな顔
この肖像画シリーズは、横尾忠則とカルティエ現代美術財団が育んできた関係が実を結んだものでもあります。肖像画シリーズの依頼に先駆ける2006年、カルティエ財団はヨーロッパでは初となる横尾忠則の絵画の展覧会を開催。さらに2011年、『Mathematics: A Beautiful Elsewhere』展のポスターを横尾に依頼しました。以来、横尾忠則は、財団のプログラムに関わる重要な作家のひとりとなっています。こうした横尾との関係の継続性は、カルティエ現代美術財団とアーティスト達との永続的な関係の現われであり、思想家や研究者、クリエイター達のコミュニティーと、長期的な視野に立って信頼に満ちた対話を重ねてきたことを物語るものでもあります。また、国際的な展望において、日本は大切な存在です。
当財団では横尾忠則の主要な2作品、「五感の叫び」(1999年)と「湯の町睡蓮(芸者鏡)」(2004年)を所蔵しています。これらの作品は今夏、21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3での展覧会と同時期に東京都現代美術館で開催される大規模な個展『GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?』( 2021年7月17日—10月17日)で紹介されます。

(C) Tadanori Yokoo (C) Andre Morin

「最も多くの日本人を紹介した」フランスの文化財団
写真、建築、デザイン、さらには絵画に至り、多様な分野の日本のアーティストが、30年以上にわたるカルティエ現代美術財団の活動に参加し、財団コレクションの一部にもなっています。このことは、今回、21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3 に集う数々の肖像画からもみてとれます。カルティエ現代美術財団は、ヨーロッパの社会に向けて、日本のカルチャーやアートシーンを紹介する中心的役割を担ってきました。これまでに開催した日本人アーティストの展覧会は14に及びます。

1993 森村泰昌『 9 visages』
1994 福原信三・福原路草『 Photographies( 1913—1941)』
1995 荒木経惟『 Journal intime』
1996 宮島達男
1998 三宅一生『 Making Things』
2002 村上隆『 Kaikai Kiki』
2003 森山大道
2004 杉本博司『 Etant donné : Le Grand Verre』
2005 川内倫子
2006 横尾忠則
2007 束芋
2010 北野武『 Beat Takeshi Kitano, Gosse de peintre』
2016 森山大道『 Daido Tokyo』
2018 石上純也『 Freeing Architecture』

カルティエ現代美術財団が作品を所蔵する日本のアーティストは、次の17名となります。
荒木経惟、日比野克彦、石上純也、川内倫子、北野武、松井えり菜、宮島達男、三宅一生、森山大道、中川幸夫、坂元友介、進藤万里子、杉本博司、武山友子、束芋、横尾忠則、植松奎二( 順不同)

(C)Masaya Yoshimura

カルティエ現代美術財団について
カルティエ現代美術財団は、企画展、ライブパフォーマンス、講演会といったプログラムを通して、あらゆる分野の現代美術を世界に向けて広めることをミッションとする民間文化機関です。1984年にカルティエによって創設された同財団は、パリに位置する、建築家ジャン・ヌーヴェルが手掛けた建物にあり、アーティストのための創造的な空間にして一般市民との出会いの場となっています。世界中のアーティスト、科学者、哲学者、ミュージシャン、建築家の間の、意外な出会いを促進するカルティエ現代美術財団は、長年にわたり科学から映画、ダンス、デザインなど多岐にわたるテーマで独自性ある現代美術展プログラムを企画するとともに、50ヶ国500人のアーティストによる2,000点以上の作品を集めたユニークなコレクションを築いてきました。近年は、世界中の主要文化機関とパートナーシップを結び、東京、ブエノスアイレス、ソウル、ミラノ、上海といった都市で展覧会を開催しています。

横尾忠則
1936年兵庫県生まれ。美術家。72年にニューヨーク近代美術館で個展。その後もパリ、ヴェネツィア、サンパウロ、バングラデッシュなど各国のビエンナーレに出品し、ステデリック美術館(アムステルダム)、カルティエ現代美術財団(パリ)、ロシア国立東洋美術館(モスクワ)など世界各国の美術館で個展を開催。国際的に高い評価
を得ている。また、東京都現代美術館、京都国立近代美術館、金沢21世紀美術館、国立国際美術館など国内でも相次いで個展を開催し、2012年、神戸に横尾忠則現代美術館開館。2013年、香川県豊島に豊島横尾館開館。作品は国内外多数の主要美術館に収蔵されている。11年に旭日小綬章、同年度朝日賞、15年に第27 回高松宮殿下記念世界文化賞、令和2年度東京都名誉都民顕彰。7月17日より東京都現代美術館での大規模な個展が開催される。
http://www.tadanoriyokoo.com

(C) Tadanori Yokoo

『横尾忠則:The Artists』
会期 : 2021年7月21日(水)—10月17日(日)
開館時間 : 平日 11:00—17:00、土日祝 11:00—18:00 ※変更する可能性がございます
休館日 : 火曜日
入場料 : 無料
※混雑状況によっては入場をお待ちいただく場合がございます
会場 : 21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3
〒107-0052東京都港区赤坂9-7-6東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
お問い合わせ : カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757
https://www.cartier.jp/ja/news.html/#/cultureandcommitments/fondationcartierpourlartcontemporain/2107-cc-encounters-yokoo-exhibition
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む