NFTプラットフォームのNFTStudioで二次流通機能を実装。出品者に手数料がかからずに、クリエイターへ永続的にロイヤリティが還元される仕組みへ

CryptoGames株式会社




CryptoGames株式会社は、NFTStudioでNFTの二次流通機能を実装したことをお知らせいたします。
当社は、2018年4月設立以降、NFTを活用したブロックチェーン×エンタメ領域の事業に取り組んで参りました。2021年3月にリリースをしたNFTプラットフォーム「NFTstudio」では、2021年5月にクリエイター数が1000人を突破いたしました。

今回、二次流通機能を実装することで、ユーザー同士の売買を通じて、永続的にクリエイターにロイヤリティが還元されるようになりました。また、NFTの出品時・キャンセル時にガス代などの手数料がかからない仕様とすることで、出品者に負担なく二次流通を行いやすい仕組みといたしました。

二次流通の具体的な方法につきましては、こちらのnoteの記事をご確認ください。

https://note.com/nftstudio/n/nc9f437f74bef

<NFTStudioとは>



「NFTStudio」はイラストレーターやクリエイターが作品をNFTアートとしてブロックチェーン上に発行できるNFTプラットフォームです。 ブロックチェーンには高騰するトランザクション手数料(ガス代)の解決策として、Matic Network社が提供するL2ソリューション、polygon(Matic Network)を採用しており、NFTはクレジットカードにて購入を行うことが可能です。

<CryptoGames株式会社について>


NFTサービスの開発を行うCryptoGames株式会社は、ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6月25日に正式リリースしています。クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時日本最高記録となりました。2020年6月には初の地上波テレビCMも実施しました。
2021年3月にクレジットカード決済対応の、クリエイターのNFT販売プラットフォーム「NFTStudio」をリリースし、2021年4月に「NFTStudio OEM」の提供を開始いたしました。

<NFTStudio OEMとは>


CryptoGames株式会社では2018年4月より、およそ3年ほどNFT事業に取り組み、実際に複数サービスの開発・運営・実証実験・サポートを行って参りました。その中で得た様々な知見を生かし、コンテンツ事業者向けに、簡単にカスタマイズNFTショップ・エコシステムを構築できる「NFTStudioOEM」の提供を開始いたしました。

・NFTStudioはこちらhttps://nft-studio.com/
Twitter:https://twitter.com/NFTstudio_com

社名:CryptoGames株式会社
設立:2018年4月20日
資本金:7,300万円(資本準備金含む)
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営
URL:http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む