室内用ガラス扉を破壊する品質試験を実施しました ~スパナやバットで割れず。国内で数少ない室内ドア専門メーカー製作~

神谷コーポレーション
天井高さの室内ドア専門メーカー「神谷コーポレーション湘南株式会社」(本社:神奈川県伊勢原市、代表神谷忠重)は、9月に発売予定の新商品開発に際して実施した、ガラス扉の破壊試験映像を公開しましたのでお知らせいたします。



今回発表予定のドアは、フレームを付けずに1枚のガラスをそのままドアに仕立てた日本では珍しいデザインで、安全性確保のために8mmもの厚さの強化ガラスを使用しています。

ガラスメーカーによる、重量1.04kgの鉄球をガラス板の上に落下させて強度を測る実験では4mm厚の強化ガラスの場合、6.5mの高さから鉄球を落としても割れなかったという結果が出ています。

当社のドアに使用している強化ガラスは2倍の8mmの厚さでより高い強度となりますが、ユーザーの目線で安全性を確認するため実際にどれほどの衝撃まで耐えられるのかという破壊試験を実施しました。

【試験方法】
当社男性社員が、スパナ・バット・バール(丸面・先端)を使用し、全力でガラスドアを強打する。

【ガラス扉破壊試験結果】



ガラス扉破壊試験動画はこちらから↓↓↓
https://youtu.be/P4TNejEkX38

上記の通り、割れたのはバールの尖った先端で思い切り叩いた時のみでした。通常、家庭においてバールの先端でドアを叩くようなことはありえず、日常生活において非常に安全なガラス戸であることがわかりました。
今後も様々な独自の試験を実施し、住む方の役に立つ高品質の室内ドアを開発していきたいと考えております。



【参考資料:新商品スペック】


シリーズ名: VETRO(ヴェトロ)

価格:550,000円~(税込)

対応高さ:2400mmまで

ガラスカラー:クリア(透明)・ブラウン・グレー

重量:約40kg

ドア幅:720mm~
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
続きを読む